本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは仙台市と、将来にわたって活力のあるまちづくりを推進することを目的とした連携協定を2016年8月29日に締結したと発表している。

「防災・減災に向けた取り組み」
ドコモの携帯電話ネットワークの仕組みを使用して作成する人口の統計情報「モバイル空間統計」を活用した防災計画等の策定や、災害時に携帯電話の通信が使えない場合の通信手段として、スマートフォンのBluetooth Low Energyを活用して近距離のスマートフォン同士で携帯電話のネットワークを介さず情報伝達を可能とする新たなサービスの有効性について実証を行っていく。

「地域活性化に向けた取り組み」
ドコモがこれまでモバイル通信サービスで培ってきた様々なアセットを活用して地元企業との新たなビジネス創出や、スタートアップ支援等を検討していく。

「近未来技術の実証に向けた取り組み」
仙台市が国家戦略特区であるメリットを活かし、災害発生時の被災状況の確認や生活インフラの点検などを想定した無人航空機ドローンを活用した映像ソリューションの導入等に向けて検討していく。

〈ICTを活用したまちづくり連携協定の取り組みイメージ〉


ドコモがパートナーとともに新たな価値を協創する「+d」の取り組みの一環になるが、企業のみならず、こうした地方都市の自治体との連携は興味深いし、今後が期待される。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2016/08/29_00.html