ICT総研は6月15日、2016年MVNO格安SIMの市場動向調査の結果を公表している。
調査はインターネットユーザー11,009人に対するWebアンケート(2016年6月2日~5日に実施)のうち、格安SIM利用者613人の回答結果を元に推計したもの。

■ MVNO「格安SIM」利用者シェア
スマートフォンに格安SIMを挿して利用するユーザーの回答を集計した結果、楽天モバイルが17.0%とトップ、次いでNTTコミュニケーションズの「OCNモバイルONE」が16.5%とほぼ拮抗した形となった。
3位はインターネットイニシアティブの「IIJ mio」で12.4%、4位はビッグローブの「BIGLOBE SIM」で9.5%、5位はケイ・オプティコムの「mineo」で9.1%。

■利用者の満足度の高い項目
スマートフォンでの格安SIM利用者に対して、10項目におよぶ満足度ポイントを100点満点に換算して聞いたところ、「コストパフォーマンスの高さ」(平均79.5ポイント)、「最適な料金プランの有無」(平均77.5ポイント)など、料金面に対する項目の満足度ポイントが、他の項目と比べて相対的に高かった。
NTTドコモ、au、ソフトバンクなど大手携帯電話事業者のMNOと比べて、料金面を一番に考えるのは当然の結果と言えよう。
料金比較対比の表を目にしたことのある人は多いはずだ。

■MVNO「格安SIM」契約数
総務省によると、MVNOサービスの契約数は、2014年末の895万契約に対し、2015年末は1,155万契約と、1年間で29%の伸びを記録(MNOであるMVNOを除いたもの)。
ICT総研は、事業者等へのヒアリングを元に、2016年末にはこれが34.2%増の1,550万契約まで拡大すると推計し、そのうち「格安SIM」の契約数は2015年末時点で419万契約と見られるが、これも2016年末には69.5%増の710万契約まで拡大すると見込んでいる。
最近では家電量販店などで販売を強化しているのがよくわかる。


参照URL http://ictr.co.jp/report/20160615.html