MMD研究所は4月11日、インターネットで20歳以上の男女6,497人を対象に「2016年タブレット端末に関する定点調査」を実施した調査結果を公表している。
期間は2016年3月29日~3月31日。

タブレットの所有率は32.4%で、前年同月に調査した時の33.0%とほぼ横ばいの結果になった。

所有しているタブレット端末のベスト3は、「iPadシリーズ」が46.7%、「Nexusシリーズ」が11.1%、「Xperia Tabletシリーズ」が8.0%の順となった。

タブレット端末所有者(2,105人)を対象に、タブレット端末を購入した時期について聞いたところ、2015年と回答した人が30.7%に上った。

タブレット端末非所有者(4,392人)を対象に、タブレット端末の購入意向を聞いたところ「購入したい」が8.7%、「やや購入したい」が19.5%と合わせて28.2%が購入したい意向で、2014年、2015年の同調査と比較すると減少傾向にあることがわかった。

個人的にはタブレットは好きだし、今後も魅力的な端末が出てきてほしいと思う。
昨年11月に発売された「iPad Pro」の12.9インチRetinaディスプレイの大きさには驚いたね。


参照URL https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1548.html