本日10月3日に行われた2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第13節、横浜F・マリノスはベガルタ仙台とアウェイ(ユアテックスタジアム仙台)で対戦した。

2-1の1点リードで迎えた後半32分、ドリブルで仕掛けたアデミウソン選手がペナルティエリア手前中央で倒され、マリノスはFKのチャンスを得る。
直接FKを狙った中村俊輔選手の左足から繰り出された鋭いボールは、正確に右スミへ突き刺し、リードを広げた。
芸術的というか自在に操れる魔法というか毎回感嘆する。
相手との駆け引きも絶妙だ。
サッカー技術を磨き続ける日頃の練習の賜物だろう。

マリノスは3人の交代枠を使い切り、このまま3-1で勝利した。
これで8戦連続負けなしとなった。

記念すべき直接FK通算20ゴール目を決めて、自身のJ1歴代最多記録を更新をするも、試合後のインタビューではチームメイトを気遣い、さすがキャプテンだと思った。

ちなみに中村俊輔選手は本日でJ1通算64ゴールで、そのうち20ゴールを直接FKで決めてるのだからすごい。
一撃で仕留めるのだから相手チームへ与えるダメージも計り知れないと思う。