本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、2015-2016冬春モデルのラインナップとして、新たにスマートフォン・タブレット11機種、ドコモ ケータイ1機種、モバイルWi-Fiルーター1機種の合計13機種を開発し、2015年10月7日(水曜)より順次発売することを発表している。

各機種の発売時期については下記の通り。

■ドコモ スマートフォン 9機種
・arrows Fit F-01H 10月7日(水曜)
・Xperia Z5 SO-01H 10月下旬
・AQUOS ZETA SH-01H 11月上旬
・Galaxy Active neo SC-01H 11月上旬
・Xperia Z5 Compact SO-02H 11月中旬
・Xperia Z5 Premium SO-03H 11月下旬
・arrows NX F-02H 11月下旬
・AQUOS Compact SH-02H 12月上旬
・Disney Mobile on docomo DM-01H 1月下旬

■その他 スマートフォン 1機種
・Nexus 5X 10月下旬

■ドコモ タブレット 1機種
・dtab d-01H 11月下旬

■ドコモ ケータイ 1機種
・P-01H 11月下旬

■データ通信製品 1機種
・Wi-Fi STATION N-01H 3月上旬

「AQUOS ZETA SH-01H」と「Wi-Fi STATION N-01H」が「PREMIUM 4G」受信時最大300Mbpsの高速データ通信に対応する。

VoLTE海外対応機種は、arrows Fit F-01H、Xperia Z5 SO-01H、AQUOS ZETA SH-01H、Galaxy Active neo SC-01H、Xperia Z5 Compact SO-02H、Xperia Z5 Premium SO-03H、arrows NX F-02H、AQUOS Compact SH-02H、Disney Mobile on docomo DM-01Hの9機種となる。

個人的に気になったのはNOTTV対応端末が少なくなっており、今後のサービスの先行きがどうなるかということ。
またNECが今年はついにガラケーも発売しなくなったと思ったら、Wi-Fiルーターを発売するのには少し驚いた。
「Wi-Fi STATION N-01H」は2.4インチのカラー液晶を搭載し、タッチ操作ができるのはいい。

冬モデル第1弾として発売される「arrows Fit F-01H」は、本体裏面に傷に強いウルトラタフガードを採用しており、ボディカラーもaka、kuro、shiro、midoriと4色をローマ字表記にしたのは面白い。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2015/09/30_00.html