ドコモスマートフォンラウンジでのセミナーに参加してきた。
始まるまでの少しの時間展示してあるスマートフォンをいじり、「GALAXY S�U」の画質の向上を感じたり、「Xperia acro」の4.2インチでのワンセグ鑑賞をする。
そしてホットのカフェモカをいただいてから席についた。

説明員が登場すると、クラウドサービスとはインターネットを利用した様々なサービスというところからスタートした。
これまでの概念ではワードやエクセルをそれぞれのPCでデータ利用していて、データを持ち出す時は記録メディアという感じだったが、クラウドはサーバーに保管するため、PCのほかケータイやスマートフォンでも屋外でもアクセスできるようになった。
データの共有も簡単で、たくさんのデータを利用できるメリットをあげていた。

そして、代表的な3つのサービスを紹介。
�@オンラインストレージ(保管する)、�Awebメール、�B写真・動画共有サービス(世界的にまたは一部に公開する)。

それからアプリケーションとしてメモをとるエバーノートを紹介。
新規ノート、すべてのノート、ノートブック、スナップショット、タグ、共有。
大容量化、多機能・高機能化して複雑な処理はサーバー側で処理してくれることをあげ、画像の中の文字も読み込んだり、検索できる利点をあげていた。
実演としてエフェクト機能で写真編集はアップロードすればサーバー側で処理してくれるということで、人とうさぎの合成がなされた。

最後にスマートフォンでクラウドサービスを利用する利点について述べられた。
・いつでもインターネットにつながるスマートフォンはクラウドサービスとの相性が抜群。
・ケータイが小型化してもクラウドのサービスは充実。
・いつでも安定したドコモの通信。

講演が終了すると、用意された「GALAXY Tab」にアンケート入力して退散となり、スマートフォンラウンジのウェットティッシュをいただいた。
クラウドサービスの基礎を学ぶ30分よかったんじゃないかな。
途中「DOCOMO Evernoteプレミアムキャンペーン」を2012年4月30日までの宣伝も盛り込まれてたけどね(笑)。