本日付けのインテージ公式サイトのニュースによると、NTTドコモとインテージ、台信商店(ダイノブ)、今村商事の4社は、「生成AIを活用した店舗内サイネージ向け広告配信に関する実証実験」をスーパーストアダイノブ城南店(熊本市南区)で2024年5月8日(水曜)から6月28日(金曜)まで実施した。

実験は生成AIを活用した広告コンテンツの作成による売り上げ増および作成コストの削減における効果検証を目的に行われ、通常1週間程度かかっていた小売業のサイネージ用広告コンテンツ作成時間を、生成AIの活用により画像・動画を含め最短で1時間以内とすることが可能となり、合わせて広告対象商品の売り上げを最大で3.3倍増加させる効果を確認した。

■実証実験概要
生成AIを活用した店舗内サイネージ向け広告配信に関する実証実験の概要

①生成AIを活用した広告コンテンツの生成と配信(ドコモ)
ChatGPTを代表とする一般的な生成AIを活用して広告文章の生成および画像・動画の作成を行い、それらを含めて実際にサイネージに表示する広告画像および広告動画の作成。および作成したコンテンツを高頻度(7日を1サイクルとし、全体の3分の2を新しい広告に差し替える)で更新作業の実施。

②サイネージシステムの運営(インテージ)
ダイノブ店内設置されたサイネージ端末およびデジタルサイネージ配信システムの運営管理。

③広告作成作業の運用方法検討(ドコモ/ダイノブ)
広告を作成し実際に運用するにあたり、スーパーなど一般小売事業者が自社でコンテンツ更新などを実施するための課題点の抽出および業務整理の検討。

④広告の効果測定(今村商事)
広告が配信されていた期間の対象商品の売り上げ変動の検証および効果測定。

■実証実験結果
今回作成した動画広告のうち、一部については作成手順の3分の2を自動化することで、1コンテンツあたりの作成時間を最短で1時間以内に収めることができた。
また、実証実験期間における売り上げの変動を検証したところ、サイネージに広告を表示した対象商品について、広告表示期間における売上増は平均で1.2倍、最大で3.3倍の売上増加に寄与することが確認できた。


参照URL https://www.intage.co.jp/news_events/news/2024/20240628.html