本日付けのUber Eats Japan公式サイトのニュースルームによると、Uber Eats Japanは、ローソンとオンラインフードデリバリーサービス「Uber Eats」を通じたクイックコマースの拡大に向けた業務提携強化について合意したことを発表している。

Uber Eats 加盟店舗の拡大、Uber Eats専用商品・先行商品の販売を含む様々な施策を通じて、顧客にとっての更なる利便性向上を目指す。

Uber Eats Japanとローソン、クイックコマースの拡大に向けた業務提携強化

ローソンは Uber Eats で「国内初」を達成しつづけてきたコンビニエンスストアで、2019年に国内のコンビニエンスストアで初めてUber Eatsに加盟し、2023年8月にはコンビニエンスストアとして初めて全国47都道府県への展開を果たした。

さらに、同月には国内のコンビニエンスストアとして初めてUber Eatsでの24 時間営業を開始した。

現在、Uber Eatsに加盟するローソン店舗数は6,000店を超え、また取扱い商品数は店舗あたり3,000点へと大幅に拡充された。

Uber Eatsは今後も、提携強化を通じてローソンとの革新的な協業を深め、更なる利便性を全国へ提供していく。

今回の業務提携の強化には、①Uber Eats加盟店舗の継続的拡大、②24時間営業店舗の拡大、③共同プロモーションの実施、④Uber Eats専用商品・先行商品の販売などが含まれる。