6月11日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、北海道上川町とNTTドコモは、地域創生の取り組みを開始するにあたって「未来共創パートナーシップ」を2024年6月11日(火曜)に締結したことを発表している。

上川町は、北海道のほぼ中央に広がる日本最大の山岳自然公園「大雪山国立公園」の北方部に位置する。

「未来共創パートナーシップ」では、誰もが取りこぼされることのない官民共創パブリックの実現のために、上川町が保有する地域アセットと、ドコモが有する通信技術やデジタル技術などの掛け合わせによる、社会課題の解決をめざす。

北海道上川町

今回上川町とドコモは、居住地に関わらずさまざまなステークホルダーが同じ目線で対話を重ね、協力し合いプロジェクトを推進することで、地域の可能性や価値を更新する地域社会を構築することを目的に、本協定を締結する運びとなった。

まず両者は、本取り組みに賛同した人たちと、コミュニケーションツールであるDiscord上に、上川町を知ったり体験したり、まちづくりの実践的なアイデアを検討する会議などを行う場を設け、まちの未来にワクワクできる取り組みを検討する。

本協定に基づくプロジェクトの第一弾として、「上川超ギルド(かみかわハイパーギルド)」の活動を開始予定。
「上川超ギルド」は、上川町を元気にしたい人、上川町が好きな人、そんな人たちが上川町への想いの大小や居住地を超えて集まるギルド(組織)。
「上川超ギルド」は人の和をコンセプトとし、上川町の未来にワクワクしたいという想いを持った参加者によって、上川町が保有している魅力的な地域資源の活用アイデアを自由で公平に議論しあう。
そしてギルド内でやりたいこと決定し実行することで地域創生に取り組む。

【未来共創パートナーシップの概要】
①人口減少を見据えた行政トランスフォーメーションやDXの推進
②医療、健康、教育、子育て、防災などベーシックインフラサービスの維持
③観光、商工業、農林水産業など地域産業の発展
④スタートアップ創出などのソーシャルインパクトの推進
⑤広域での展開を含むデータ資産活用やその他広域連携の推進
⑥ダイバーシティ、サスティナブル、ウェルビーイングの推進など


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/2024/06/11_00.html