6月10日付けのNEC公式サイトのプレスリリースによると、NECは、安心・安全・効率的なモビリティ社会を実現する技術として、コネクティッドカーやドローンなどの移動体に安定した通信を提供可能な接続先を予測する、高精度QoE予測技術を開発したことを発表している。

本技術はマルチモーダルAI技術により、モバイルネットワークの通信情報と移動体の映像情報から得られる通信ログや動画などのデータから、移動体のアプリケーション品質を高品質に維持できるネットワークまたは基地局を高精度に予測する技術になる。
これにより、効率的なネットワーク選択、基地局のセル選択、そして運転支援が可能。

■高精度QoE予測技術の活用イメージ
NEC、高精度QoE予測技術の活用イメージ

本技術は、不必要なハンドオーバー(通信を継続させるために、接続している基地局を切り替えること)を最小限に抑制し、ハンドオーバー時の通信品質劣化を低減することができ、基地局などの通信機器の消費電力も抑制するため、環境負荷低減にも貢献する。

NECは2024年度内に、本技術を用いた実証実験を行う予定。
その後も開発を進め、QoE分析・制御装置として、2025年度内に実用化することを目指す。
さらに、映像認識AIとLLMを組み合わせた本AI技術の応用ソリューションとして、運転操作の滑らかさを基準とした運転支援ソリューションを提供予定。

なお、NECは本技術を幕張メッセで開催されるインターネットテクノロジーのイベント「Interop Tokyo 2024」(会期:2024年6月12日(水曜)~6月14日(金曜))で展示する。


参照URL https://jpn.nec.com/press/202406/20240610_01.html