本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、NTTドコモ、Space Compassがエアバス・ディフェンス&スペース(エアバス)、AALTO HAPS Limited(AALTO)と、HAPS(High Altitude Platform Station:高高度プラットフォーム)の早期商用化を目的とした資本業務提携に合意したことを発表している。

NTTドコモとSpace Compassが主導し、みずほ銀行および日本政策投資銀行が参画するコンソーシアム、HAPS JAPANを通じて、AALTOに対し最大1億ドル(本出資は所定の条件の達成と規制当局の承認を条件として実施)を出資する。

本出資により、AALTOの商用ロードマップ実現を支援し、日本における2026年のHAPSサービス提供開始とグローバル展開をめざす。

AALTO HAPS Limitedはエアバスの子会社で、エアバスは、本出資後もAALTOの最大出資者として残る予定。

HAPSは地上約20km上空の成層圏を数か月に渡って無着陸で飛行し、地上への通信・観測サービスの提供を行う無人飛行体。
HAPSを利用することで、通信環境が整っていない空、海上、山間部における端末との高速大容量・低遅延の直接通信が可能となる。

加えて、災害時における被災状況のリアルタイム観測や送電線監視保守業務などにおける長期間の定点観測を、高精細映像で提供することが期待できる。

AALTOが製造および運用するHAPS「Zephyr」は、2022年に無人航空機として世界最長となる64日間の滞空飛行を実現するなど、高度な航空技術を有している。

この技術に加えて、NTTドコモの地上ネットワークの専門知識と、エアバスの高度な観測ソリューションを組み合わせることで、HAPSベースの非地上ネットワークにおいて日本が主導的な地位を握ることが可能となる。

本出資は、AALTOとNTTドコモ、Space Compassの長年にわたる協力関係をさらに深めるものになる。
今回本出資に合わせて、今後数年間にわたる日本、アジアでの商用パートナーシップ契約を締結し、引き続き、各社共同でHAPS事業を推進していくという。


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/2024/06/03_01.html