4月1日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、NTTドコモグループの新規事業創出プログラム「docomo STARTUP」を通じて社員が発案した次世代のキャリア探索サービスを提供する「はたらく部」をスピンアウトすることを決定した。

「はたらく部」を運営する株式会社RePlayce(リプレイス)の資本金は100万円で、代表取締役社長にはNTTドコモ社員の山本将裕氏が2024年4月1日(月曜)から就任。
なお、Replayceへの出資は、ニッセイ・キャピタルおよびドコモから行う。

「はたらく部」は、中高生が放課後に社会人コーチや同世代の仲間と社会や仕事について考えを深め、働くことをバーチャル空間で部活のように学べる次世代のキャリア探索サービス。

バーチャル空間を用いたオンライン部室で全国の仲間と共に語り、学び、実践することを通じて、学校や家庭など普段所属している場所から飛び出して多様な人や環境に触れ将来につながる共創経験の機会を提供する。

「はたらく部」では、さまざまな業界の第一線で活躍する現役の社会人が社会人コーチとなり、中高生の学びや進路形成に継続的に伴走支援をする。

職業の理解や企業の課題解決、起業体験などのはたらくことを楽しみ、リアルに体感できるプロジェクト型の学びや、社会人コーチとの対話により、自分でも気づかなかった自己の強みの発見や、将来の進路について考え、一歩踏み出すことを支援する。

はたらく部


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/2024/04/01_01.html