3月28日付けのソフトバンク公式サイトのプレスリリースによると、ソフトバンクは、地球環境保護の一環として、ソフトバンク取扱店やワイモバイル取扱店で使用するショッピングバッグに、100%リサイクル素材を使用したものを2024年3月末から順次導入することを発表している。
森林破壊への影響を低減し、循環型社会の実現を推進する。

ソフトバンク/ワイモバイル取扱店で使用するショッピングバッグに100%リサイクル素材

1. 100%リサイクル素材の使用による環境保護への貢献
全国のソフトバンク/ワイモバイル取扱店で年間約650万枚使用する、プラスチック加工をした紙製のショッピングバッグから、プラスチックを一切使用しない100%リサイクル素材のものへ切り替えることにより、プラスチックの使用量を約55.8トン、二酸化炭素(CO2)の排出量を約67.8トン、それぞれ削減できる効果があると見込んでいる。

2. デザインのリニューアル
素材の変更に伴い、環境に優しいベジタブルオイルインキを使用し、リサイクルペーパー本来の質感と風合いを生かしたデザインへリニューアルする。
“ソフトバンク”と“ワイモバイル”のCMに登場する「お父さん」と「ふてニャン」のイラストをあしらい、ブランドの上質さや楽しさ、地球環境への配慮を表現している。


参照URL https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2024/20240328_02/