本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、ショートメッセージサービス(SMS)を悪用したフィッシング詐欺への対策を目的に、危険なサイトのURLなどが含まれるSMSを送信している送信元回線に注意喚起を送る「意図せぬ迷惑メッセージ送信に関するお知らせ」機能を、2024年7月上旬(予定)から提供することを発表している。

本機能は不正なコンテンツ等をインストールするよう誘導したり、個人情報を盗み出そうとするサイトへ誘導したりするSMSの送信をドコモが検知した際に、ユーザーの意図しない送信行為が行われた可能性があるという注意喚起を送信するものになる。
注意喚起では、SMS通信料の確認をするとともに、身に覚えのないアプリがインストールされていないかの確認、削除の案内を実施する。

本機能は提供開始後、申込み不要で自動で適用され、ユーザーは無料で利用できる。

宅配業者や金融機関、ネット通販事業者などを装って個人情報を盗み出すフィッシング詐欺は、深刻な社会問題となっている。

正規のサイトを装うサイトのURLをSMSを利用して送りつけ、アクセスしたユーザーに偽のアプリをインストールさせることで、意図しないうちに、ユーザーの携帯を介したフィッシング詐欺を行っているケースも報告されている。

こうしたフィッシング詐欺の手口ではユーザーの携帯電話にはメッセージ送信履歴が残らない場合もあり、二次的、三次的に偽のアプリをインストールしてしまうケースが増えることで、被害の拡大につながっている。

■フィッシングSMSの実例
フィッシングSMSの実例

ドコモはこれまでにも、公的機関と連携したフィッシングサイトの閉鎖やユーザーへの注意喚起、フィッシングSMSの受信を拒否する機能の提供などの対策を講じてきた。

今回、意図しないうちに携帯電話を媒介したフィッシング詐欺が行われている可能性のあるユーザーに注意喚起を実施することで、被害の拡大抑止につなげていく。


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/2024/03/28_00.html