本日付けのKDDI公式サイトのニュースリリースによると、森ビルとKDDIは、新たな都市体験やコンテンツを創出する「TOKYO NODE LAB」の共創プロジェクトとして、虎ノ門ヒルズ ステーションタワーの情報発信拠点「TOKYO NODE」の「TOKYO NODE HALL」に、リアル空間をデジタル空間に忠実に再現し、デジタルならではの付加価値を加えた、常設のデジタルツイン「TOKYO NODE DIGITAL TWIN HALL -RESPECT YOU, au」を共同で開発し、2024年3月28日(木曜)から運用を開始することを発表している。

■「TOKYO NODE DIGITAL TWIN HALL -RESPECT YOU, au」イメージ
「TOKYO NODE DIGITAL TWIN HALL -RESPECT YOU, au」イメージ

イベントスペースには元来、収容人数に上限があることに加え、移動の時間や手段を要するなど、さまざまな障壁があった。

リアルの空間やものをデジタル空間に精細に再現した本デジタルツインホールでは、リアルの会場のキャパシティを拡張、遠隔地からもイベントに参加でき、さらにリアル会場では物理的にできない演出が可能となる。

本デジタルツインホールを運用することで、TOKYO NODE HALLでは、デジタルとリアルの2つの会場の映像/音響/照明などの空間演出を同期させ、各会場のスクリーンには互いの映像を映し出すことにより、疑似的に360度の客席、1つの空間を創り出す。

それにより、デジタル空間ではリアル会場にいるかのような体感を得ることができ、リアル会場ではデジタル空間ならではの演出を体験することができる。

さらには各会場の盛り上がりを同時に伝えることが可能。

これらの熱狂を拡張し、音楽ライブやファンミーティング、ビジネスカンファレンスに、これまでにない新たな体験を実現する。

森ビルとKDDIは、この1つの空間を新たな共有体験の舞台とし、さまざまなアーティストとのコラボレーションを促進することによって、デジタルとリアルが融合する新しいエンターテインメントを提供するとともに、両会場の熱狂を創出していく。

2社は今後も、本デジタルツインホールおよびTOKYO NODE LABを通じ、従来の領域やジャンルにとらわれず、さまざまな分野の企業やクリエイターとのコラボレーションを促進、新たな都市体験やコンテンツを創出し、東京・日本から広く世界に発信していく。

なお、KDDIは、「TOKYO NODE DIGITAL TWIN HALL -RESPECT YOU, au」のこけら落とし公演として[Alexandros] がパフォーマンスするミニライブを2024年3月28日(木曜)午後6時から開催する。