本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、メドレー(本社:東京都港区)と資本・業務提携の見直しへの合意と、ミナカラ(本社:東京都渋谷区)の株式をメドレーから追加取得し、ミナカラをドコモの完全子会社とすることを決定した。

ドコモは、メディカル領域のサービスを拡大し、患者の医療活用支援を加速することを目的に、2021年10月にメドレーと、ミナカラの全株式を共同取得し、オンライン薬局事業を共同で運営してきた。
今後、「dヘルスケア」「健康マイレージ」などの健康増進アプリとの一体運用を強化させるため、ミナカラの株式をメドレーから追加取得し、ドコモの完全子会社とする。

ドコモは、メドレーから、メドレーが保有するすべての株式および転換社債を譲り受ける。
契約締結日:2024年2月14日(水曜)
取得後のドコモの持分比率:100%(現在:87.38%)
効力発生日:2024年2月中(予定)

ドコモとメドレーは、2021年4月からオンライン診療・服薬指導アプリ「CLINICS」に関する共同運営を行ってきたが、両社で資本・業務提携の見直しに合意し、「CLINICS」に関する共同運営を2024年12月末日に終了する。

なお、今後も「CLINICS」でのdアカウント認証、dポイントを軸とした連携関係は継続していくという。


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/2024/02/14_00.html