本日付けのKDDI公式サイトのニュースリリースによると、KDDIは、LTEのモバイルコアネットワークにおいて、AIを活用した障害検知システムの運用を2024年1月25日(木曜)に開始したことを発表している。

これまでの障害を検知するシステムでは、障害を判断する一定の基準値(固定しきい値)を設定して障害を検知していたが、昼間に多く使われ、夜間に減少するトラフィック量など、時間帯や平日・休日の違いで値が大きく変動するパターンでは固定しきい値を設定することが難しく、このようなパターンのデータでの障害検知が課題だった。

今回、本システム導入により、複雑な基準値を動的に設定することが可能になり(動的しきい値)、時間帯や平日・休日などの違いで値が大きく変動するパターンの障害検知を実現した。
これにより、監視可能なデータ数を約6倍に増やし、障害を検知できる可能性を大幅に高めることが可能となる。

ネットワークの監視運用業務では、ネットワーク機器から出力されるトラフィック量や接続成功数、機器のCPU利用率などの時系列のパフォーマンスデータを分析し、基準値を超えたことを検知することで障害発生の判断につなげている。

■本システムによる監視対象の拡大
AIを活用した障害検知システムによる監視対象の拡大


参照URL https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2024/01/25/7194.html