本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、衛星電話サービス「ワイドスターⅢ」を2023年10月11日(水曜)より提供開始することを発表している。
あわせて、本サービス対応の「ワイドスターⅢ可搬型端末」と「ワイドスターⅢ設置型端末」を同日より販売開始する。

本サービスは、静止衛星(赤道上空36,000kmの静止軌道上に設置されているN-STAR衛星)により日本全土および日本沿岸から約200海里をサービスエリア(一部離島および周辺海域を除く)とし、地上災害や気象の影響を受けにくく、安定した通信サービス(通話・データ通信・ショートメッセージ通信(SMS))を提供する。
平時に加え、緊急時の連絡手段、企業のBCP対策など、幅広いシチュエーションで活用できる。

音声通話では、携帯電話番号(0A0)による発着信や緊急通報(110・118・119(消防・救急への緊急通報は東京へのみ発信することができる))が利用可能。
また、データ通信では、通信速度が下り最大1.5Mbpsでの通信が可能。

※ 記載の通信速度は、1キャリアあたりの受信時の最大値であり、実際の通信速度を示すものではない。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化する。
※ サービスエリアのうち、一部は複数の周波数を束ねるキャリアアグリゲーション(下り最大3Mbps)に対応している。キャリアアグリゲーションの対応エリアはトラヒック状況に応じて変更することがある。

端末は、新たにGPSに対応し位置測位が可能になり、またRJ-11コネクタ(電話用モジュラーケーブルに多く用いられるコネクタ形状)を搭載したことで固定電話機との直接接続が可能。

さらに、可搬型端末にはWi-Fiルータ機能も搭載しており、手持ちのスマートフォンのテザリングだけでなく、専用アプリ(準備ができ次第、提供開始)をインストールすることでハンドセット代わりに利用することが可能になる。

設置型端末にはRJ-11コネクタを2つ搭載しているため、着信時に音声通話とFAXの使い分けが可能(別途オプションサービス(鳴り分けナンバーサービス:月額550円)への加入が必要)になる。

料金は、タイプMプラン契約により、月額基本使用料10,450円(無料通話・SMS分2,200円を含む)から利用できる。

■基本サービス
音声コーデック:AMBE+2(4kbps)
データ通信:[上り](可搬型端末)最大250kbps(設置型端末)最大1Mbps
[下り](可搬型・設置型端末共通)最大1.5Mbps
衛星構成:静止衛星(N-STAR)
衛星高度:36,000km
周波数:衛星~端末(Sバンド)2.6GHz/2.5GHz、基地局~衛星(Cバンド)6GHz/4GHz
提供地域:日本全土および沿岸約200海里

■料金体系
衛星電話サービス「ワイドスターⅢ」料金体系

■主なオプションサービス
①ワイドスターⅢダイレクトコネクトサービス
ワイドスターⅢ同士でLAN環境を構築しドコモ衛星網に閉じた環境で利用可能なリモートアクセスサービス。
利用料金:月額550円
※ 利用には送信側、受信側双方の契約が必要。

②アクセスプレミアム
企業LANとドコモのモバイル網をダイレクトに接続し、ユーザー専用のセキュアな閉域接続環境を提供するサービス。
利用料金:ドコモ光/フレッツ ベストエフォート 7,700円/月~
※ 回線種別・回線帯域により料金が異なる。

③鳴り分けナンバーサービス
使用の基本契約番号にさらにもう1つ付加番号をプラスし、着信時にFAXと電話など、使い分けができるサービス(発信時には基本契約番号のみ通知される)。
利用料金:月額550円

④ショートメッセージサービス(SMS)
携帯電話番号へ文字メッセージを送受信できるサービス。
送信料金:3円/1通(1~70文字(半角英数字のみの場合1~160文字))
※ 送信文字数(最大670文字・半角英数字のみの場合1,530文字)に応じて、1回あたり3~33円(税込)。

■対応端末
ワイドスターⅢ可搬型端末とワイドスターⅢ設置型端末

本サービスの提供開始にあわせ、基本使用料を割引する「【タイプM限定】ワイドスターⅢご利用スタートキャンペーン」を実施する。
本キャンペーンにより、タイプMプラン契約者は、ドコモの衛星電話サービス「ワイドスターⅡ」のタイプMプランと同額の月額5,390円から利用できる。

※ 表記金額はすべて税込。


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/2023/09/20_01.html