本日付けのIIJ公式サイトのプレスリリースによると、インターネットイニシアティブ(IIJ)は、ネットワーク社会の根幹を支える高度な技術をもつIT人材を増やしていくことを目的に、ネットワーク技術とソフトウェア開発技術に精通したエンジニアを育成する「IIJアカデミー」を開設することを発表している。

本アカデミーの受講者募集開始は、2023年1月を予定。
IIJが創業から30年にわたり日本のインターネットを牽引する事業者として培ってきた、ネットワーク技術・ソフトウェア開発技術の知見を最大限活用し、未来に向けてIT産業の根幹を支えるエンジニアを育成することで、デジタル社会のさらなる発展に貢献していく。

受講対象者は、技術習得に意欲のある社会人や、高専生を含む学生など18歳以上。
受講者は実習を中心とした実践的な教育プログラムに12週間をかけて取り組む。
受講料金(税込)は、20万円/1実習期間で、学生は10万円。

経験豊富なIIJ現役社員が業務現場での実用的な知見をもとに指導するのに加え、インターネット事業者ならではの設備に触れながら技術を習得することができる。
当面は定員を20~30名とし、マンツーマン方式の指導で受講者個々のレベルに合わせて成長を支援していく。

■教育プログラムの概要
<受講者個別の教育プログラムを作成>
IIJアカデミー、受講者個別の教育プログラムを作成

<実習の進め方>
IIJアカデミー、実習の進め方


参照URL https://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2022/1121-2.html