11月17日付けのKDDI公式サイトのニュースリリースによると、KDDIとKDDI総合研究所は、クラウド上でメーカーや用途を問わず多様なロボットを一元管理する「ロボットプラットフォーム」の実証を2022年11月17日(木曜)から開始することを発表している。

現状、配送・見回り・清掃など用途やメーカーが異なるロボットはそれぞれ管理が必要なケースが多く、管理者の負担が大きいため、複数種類の導入が難しくなっている。

本実証では、本プラットフォームが有する、さまざまな種類のロボットをクラウド上で一元管理する機能や、ロボットが移動する際の障壁となるセキュリティゲートやエレベーターなどの建物設備との連携機能について検証する。
これにより、管理者の負担を軽減し、円滑なロボット運行を目指す。

今後、パートナーとの実証を重ねながらプラットフォームの機能を順次拡充し、ロボットの活用によるDXの加速で日本の労働力不足の解消へ貢献していく。

■本実証の概要
KDDI、「ロボットプラットフォーム」の実証の概要

本実証では、まずは本プラットフォームに、研究拠点であるKDDI research atelier(東京都港区)に設置した異なる種類のロボット2台とセキュリティゲートを接続する。
本プラットフォームからロボット2台に対して動作指示が送られ、ロボットから本プラットフォームに走行状態や現在地などの情報が送信される。
本プラットフォームはそれらの情報を元にセキュリティゲートの開閉を行う。
このような一連の動きを通じて、ロボットがスムーズにセキュリティゲートを通過できることを検証する。

さらに、2022年度中にセキュリティゲートに加え、エレベーターとの連携を実現し、ロボットが自由に動ける範囲を拡大していく。


参照URL https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2022/11/17/6400.html