11月10日付けのNEC公式サイトのプレスリリースによると、日本電気(NEC)とバージニア工科大学交通研究所(所在地:米国バージニア州、VTTI)は、AIベースの映像解析技術を活用して、交差点周辺のドライバーや歩行者、その他の道路利用者に対して、安全情報や警告を通知する共同実証を実施したことを発表している。

本年6月から9月に実施した実証では、VTTIが保有するテストトラックの信号柱にカメラおよび映像解析用装置を設置し、収集した映像データから交差点内外の状況の分析を実施した。

今回実証したユースケースでは、運転手の危機察知後の一般的な反応時間よりも早い0.5秒以内に車両に警告を通知することに成功した。

NECは、交差点周辺の車両や歩行者、自転車といった道路利用者を検出、分類、追跡できるAIベースの映像分析技術を提供。

また、本技術と車両や歩行者に対して安全情報や警告を通知するC-V2X(3GPPで国際標準化された通信規格で、車両と車両間、車両と交通インフラ間、車両とネットワーク間などの通信)システムを統合することにより、インフラと車両が無線通信で情報のやり取りを行うインフラ協調型のモビリティサービスの実現性を評価した。

NECとVTTIは交通安全に関するユースケースとして、車両と歩行者(あるいは車両同士)の衝突予測、横断歩道歩行者検知、右左折車両検知などに対する効果を共同で評価した。
今回実証したユースケースにおいては、映像解析AIが車両と歩行者(もしくは車両同士)の衝突可能性を検知した後、0.5秒以内に車両に通知することに成功した。

これにより、一般的に1秒程度かかると言われている運転手の危機察知後の反応時間よりも早く警告を発することが可能となり、見通しの悪い交差点等で衝突の危険性をいち早く伝え、交通事故削減に役立つことが期待できる。

■VTTIテストコースでの実証風景
VTTIテストコースでの実証風景


参照URL https://jpn.nec.com/press/202211/20221110_01.html