本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、NTTドコモとアクセンチュアは、Web3の普及および社会実装の加速に向けた連携に2022年11月8日(火曜)に合意したことを発表している。

Web3はブロックチェーン技術を活用した次世代のウェブで、Web3の拡大により、従来の経済原理だけでは実現が難しかった課題解決や経済圏の形成が期待されている。

両社は、Web3の強みを生かして、環境問題の解決や地方創生などに取り組む。
具体的には「ESG/SDGs領域への適用」「安心・安全なWeb3活用に向けた技術基盤の構築」「Web3人材の育成」の3つの分野で連携を開始する。

■両社が連携して取り組む主な活動
「ESG/SDGs領域への適用」
環境問題や地方創生など我々が抱えるさまざまな社会課題の解決には、多様な価値観を持つ関係者を束ね、中長期的なゴールに向けて結束させることが不可欠である一方、大きなチャレンジとなっており、Web3の特徴を生かした連携のメカニズムの構築を通じ、新たな経済原理による課題解決の事例や方法を創出していく。

「安心・安全なWeb3活用に向けた技術基盤の構築」
Web3は、技術的には発展途上の段階にある一方で、新たな製品やサービスの創出のみならず、コミュニティの構築・運営などにも活用が可能な技術で、両社は、普及の阻害要因を取り除き、誰もが簡単に安心して利用できる技術基盤の構築や環境整備を進める。

「Web3人材の育成」
Web3市場の需要増や期待感から、関連するエンジニアやビジネスリーダーなどの人材は、今後ますます不足することが懸念されており、Web3領域での就業を考える人材に対して、学習や実務経験の獲得機会を提供し、Web3人材が企業と連携しやすいコミュニティを提供していく。

■各社の役割
ドコモ
・安心・安全の通信ネットワークを長年運用してきた実績を活かし、社会全体の課題解決や経済圏の運営に関する知見を提供する。

アクセンチュア
・将来的な海外展開も視野に入れ、上記3分野における運営基盤づくりを手掛ける。また、2011年から会津若松市で開始し、その後さまざまな地域における地方創生の取り組みで得た知見も提供する。


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/2022/11/08_01.html