10月25日付けのIIJ公式サイトのプレスリリースによると、インターネットイニシアティブ(IIJ)は、配信事業の拠点となる配信スタジオ「IIJ Studio TOKYO」を飯田橋本社内に新設し、2022年10月25日(火曜)にオープンしたことを発表している。

当面は、 IIJのオンラインイベントなど外部発信の拠点として活用し、2023年度からは、本スタジオをベースに、法人顧客のイベントやセミナー、製品発表会などの収録・ライブ配信を、配信エンジニアのサポートとあわせて提供するサービスを展開していく。

■撮影スタジオ
「IIJ Studio TOKYO」内の撮影スタジオ

「IIJ Studio TOKYO」内には、グリーンクロマキー、黒バックを備え、完全浮遮音構造を採用した「撮影スタジオ」、リモートプロダクションに必要な機能を豊富にそろえた「スタジオサブ」、音声収録用の遮音された「アナウンスブース」を設置している。

さらに、「演者控室」の他、映画作品や劇場で採用されている立体音響技術のDolby Atmos(ドルビーアトモス)に対応した「試写室」を用意しており、収録したコンテンツや様々な映像コンテンツの確認が行える。

映像制作設備には最新の機材を揃え、4K映像のライブ配信、カメラのトラッキング情報を活用したVR合成、映像作品の収録まで、多彩な用途に対応する。
スタジオ内の映像・音声の伝送にはIP技術を活用し、設備構成の柔軟性を向上するとともにケーブルの削減を実現した。

インターネットとの接続に関しては、IIJバックボーンネットワーク直結の高速専用回線を備え、安定した配信環境を用意している。

遠隔地からの大容量映像伝送はもちろん、LiveU(LTE/4G等の携帯回線とWi-FiとLANを任意に組み合わせて広帯域を確保するライブ中継器)によるモバイルネットワークを利用した映像伝送設備も備えており、高品質な遠隔中継・リモートプロダクション機能を提供可能。

IIJは、「IIJ Studio TOKYO」を新たな拠点として配信事業をさらに強化し、これまで培ってきたIP技術を活用した高品質で快適な映像配信・伝送の実現に向けて取り組んでいくという。


参照URL https://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2022/1025-2.html