7月22日付けのNEC公式サイトのプレスリリースによると、国立高等専門学校機構(高専機構)と日本電気(NEC)は、サイバーセキュリティ分野における人材育成強化を目的に包括連携協定を2022年7月22日(金曜)に締結したことを発表している。

両者の連携協力により、全国の51の国立高等専門学校(国立高専)に対して、高専機構の60年に渡る社会ニーズに応じた社会実装教育による高度技術者を輩出し続けている実績と、NECが有する最新のセキュリティの技術や知見を掛け合わせた産学共同の教育支援を行うことで、企業でこれまで以上に活躍できる実践力を持った人材の育成・輩出に貢献する。

■包括連携協定を通した取り組みについて
①教職員と専門技術者の情報交換
高専機構が設置・運営する全国の国立高専の教職員とNECの専門技術者との定期的な情報交換により、最新のサイバー攻撃の動向や技術トレンドを共有する。

②サイバーセキュリティ演習環境の拡充
NECグループの営業・SEが利用しているサイバーセキュリティ訓練場やCTF(Capture The Flag:フラグと呼ばれる答えを手を動かしながら見つけて得点を競い合うことで、楽しみながらセキュリティ技術の学習を行い、スキルを可視化する)などの演習環境を学生向けに提供し、実践力強化を図る。

NECのサイバーセキュリティ訓練場を使った演習のイメージ
NECのサイバーセキュリティ訓練場を使った演習のイメージ

③体系的なセキュリティ知識習得のための教材提供
NECが全社員向けに実施しているセキュリティ教育コンテンツを活用した教材を提供し、学生全体の体系的なセキュリティ知識習得を促進する。

④高専機構による各地域でのセキュリティコミュニティ活性化
高専機構が参画している全国各地域のセキュリティコミュニティへNECも参画し、コミュニティ活動の活性化を通して、人材育成を推進する。