本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、スマートフォン版「iコンシェル」を2023年7月1日(土曜)に「my daiz(マイデイズ)」へ移行することを発表している。
移行に合わせ、iモード版「iコンシェル」と、「しゃべってコンシェル」について、2023年6月30日(金曜)をもってサービス終了する。

「iコンシェル」
「iコンシェル」は、ライフスタイルや居住エリア、現在地に応じて、毎日の生活に役立つ情報(気象・交通・店舗情報・スケジュールなど)を最適なタイミングで知らせすサービスで、2008年3月にサービス提供を開始し、スマートフォンに対応するなど機能を強化してきた。

「しゃべってコンシェル」
「しゃべってコンシェル」は、キャラに話しかけるだけで電話やカメラの起動、スケジュールの登録のほか、ユーザーごとにパーソナライズ化された乗換検索などが手入力で検索することなく調べることができるサービスで、2012年3月にサービス提供を開始し、キーワードによる音声起動機能を追加するなど強化してきた。

「my daiz」
ドコモは、2018年12月に、「iコンシェル」および「しゃべってコンシェル」の後継サービスとして、日々の生活においてユーザーが必要とする情報やサービスを、適切なタイミングでドコモやパートナー企業より提案するAIエージェントサービス「my daiz」を提供開始した。

理由
これまで、「my daiz」に加えて、「iコンシェル」および「しゃべってコンシェル」も継続して提供してきたが、昨今の事業を鑑み、経営資源を集中すべく、スマートフォン版「iコンシェル」を「my daiz」へ移行するとともに、iモード版「iコンシェル」および「しゃべってコンシェル」のサービスを終了する。

今後の対応
iモード版「iコンシェル」終了に伴い、「iコンシェル」を「iモード」にて「my daiz/iコンシェル(月額コース)」で契約中のユーザー(「iモード」と「spモード」を重畳契約しているユーザーも含む)で、「いちおしパック」を契約していない場合、2023年6月30日(金曜)をもって「my daiz/iコンシェル(月額コース)」は、自動的に解約となる。

「iモード」と「spモード」を重畳契約し、「いちおしパック」も契約しているユーザーは、「my daiz/iコンシェル(月額コース)」が「my daiz」として契約継続となる。
「spモード」のみの契約の場合も「my daiz」としての契約が継続となる。

また、「iコンシェル」アプリは、2023年6月30日(金曜)をもって利用できなくなるので、「my daiz」として継続して利用する場合は、「my daiz」アプリをダウンロードする必要がある。

なお、日記機能など「iコンシェル」で提供していた一部機能も利用できなくなる。

「しゃべってコンシェル」については、「しゃべってコンシェル」アプリをアップデートすることで「my daiz」アプリへ移行することができ、引き続きキャラとの対話を楽しめる。

なお、「ドコモメール」との連携など一部機能は利用できなくなる。

また、「my daiz」アプリへアップデートすることで「しゃべってキャラミュージアム」など関連サイトにて、マチキャラ/しゃべってキャラを引き続き購入およびダウンロードできる。

「しゃべってコンシェル」アプリあるいは「my daiz」アプリを初期化した場合、再度キャラを利用するためには、再ダウンロード/再購入が必要となるが、キャラによっては再ダウンロード/再購入ができない場合があるので注意が必要。

なお、「my daiz」の利用には「my daiz」対応機種が必要となるので、サービスサイトにて「my daiz」対応機種を確認するよう呼び掛けている。


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/2022/07/19_00.html