5月10日付けの富士通公式サイトのプレスリリースによると、伊藤園と富士通は、AI画像解析により茶葉(茶芽)の摘採時期を簡便に判断する技術を共同開発し、伊藤園が展開する茶産地育成事業の契約産地にて試験運用を開始することを発表している。

本技術は、茶畑で茶葉をスマートフォンで撮影するだけでアミノ酸量と繊維量を推定でき、茶葉の摘採時期を簡便に判断することができる。
伊藤園は画像から推定するアミノ酸量と繊維量による品質と収穫量の関係性など茶栽培に関する全般の知見を提供し、富士通は画像解析技術およびAIの機械学習を組み合わせた画像認識アルゴリズムの作成技術を提供する。

茶葉生育診断サービス

2022年の新茶摘採から本技術の試験運用を開始し、画像認識アルゴリズムの正確性や実用性を検証する。
これにより、生産者の高齢化や後継者不足の折に、茶農業への新規参入の障壁となる課題を解決し、茶農業の生産力向上と持続性を両立することに寄与する。

伊藤園と富士通は、茶葉の摘採時期を簡便に判断できる本技術の確立に向けて協働し、2023年の新茶摘採から契約産地で本格展開を目指す。


参照URL https://pr.fujitsu.com/jp/news/2022/05/10.html