本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、イオンとNTTドコモは、災害発生時に円滑な相互協力により、被災地および被災地域における復旧活動の最大化を図ることを目的に、「災害時における相互協力に関する協定」を、2022年1月11日(火曜)に締結したことを発表している。

イオンは、千葉市美浜区に本社を置き、大手流通グループ「イオングループ」を統括する。

本協定の締結により、両社は平時から連絡窓口を共有するとともに、災害発生時には支援物資の供給、敷地の提供、指定公共機関としての活動に必要な通信の確保を行い、被災地における通信設備や店舗施設の早期復旧と機能維持を図る。

■主な連携事項
・平時より双方の連絡窓口を共有、定期的な意見交換、防災訓練の視察
・災害発生時には支援物資の供給、敷地の提供、指定公共機関としての活動に必要な通信の確保を実施
・災害に備えた連絡体制の維持

■イオンとドコモとの災害時における相互協力に関する協定イメージ
イオンとドコモとの災害時における相互協力に関する協定イメージ


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2022/01/11_02.html