本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、JFEエンジニアリングとNTTドコモは、高速通信システムを活用したプラントの建設や操業・メンテナンス(O&M)の無人化・省人化を実現するDXソリューションの創出を目的に、技術開発から実証、さらには事業化までを包括的に共同検討することに2021年11月24日(水曜)合意したことを発表している。

プラントの建設やO&Mの現場では、遠隔操作や自動運転システムの構築が進められており、より高度に実現するドローンや自走ロボットなど新技術の活用には、高速無線通信システムが重要な要素となる。

このため両社は、実物大のプラントにドコモの第5世代移動通信システム(5G)の通信環境を整備し、プラント建設・O&Mの現場で活躍する新技術の実証を行う「5G Innovation Plant」の開設を決定した。

■5G Innovation Plant(実プラント+5G)
5G Innovation Plant(実プラント+5G)

「5G Innovation Plant」はJFEエンジニアリングの横浜本社構内に建設され、2021年度内にオープン予定。
ドローン、自走ロボット、各種センサー・カメラなどのデバイス、高速通信網、アプリケーションなど、稼働中のプラントと同等な条件で様々な実証が行える。
また、プラントの建設やO&Mの無人化・省人化に関連する技術やノウハウを持つ他の企業なども検証に取り組める場とし、開発した製品のデモやPRが可能。

さらに、ドコモが提供する「ドコモ5G DX スクエア」のプラントDX創出に向けた専門拠点としても活用予定。
「ドコモ5G DX スクエア」は、地域のDX推進やイノベーション推進を目的として、ドコモの5Gエリアにおいて、「映像・AI」「XR(VR、AR、MRの総称)」「ロボティクス」などの先進技術を活用したソリューションを体験・実験できる拠点となる。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/11/24_01.html