本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、JTOWERとNTTドコモは、インフラシェアリングの活用における連携強化を目的とした資本業務提携を行うことを2021年11月22日(月曜)に決定したことを発表している。
今後ドコモは、日本電信電話(NTT)が保有するJTOWER株式の一部を取得し、議決権比率2.5%の株主となる予定。

ドコモは、2016年からJTOWERの屋内における4Gネットワークのインフラシェアリング・ソリューション(IBS:In-Building-Solution)の利用を開始し、全国へ利用を拡大している。

さらに5Gネットワーク整備において2020年10月から、JTOWERが東京都庁に設置した国内初となる同ソリューションの利用を開始したほか、屋外設備として西新宿エリアに展開するスマートポール(5G基地局や公衆Wi-Fi、人流解析のカメラ、デジタルサイネージなどを備える多機能ポール)の利用を開始し、両社にてインフラシェアリングの活用を推進してきた。

JTOWERとドコモは本提携を通じて連携を強化し、屋内外の新規設備構築や既存鉄塔の有効利用に向けた検討や協議を行い、インフラシェアリングを推進することで経済的な5Gネットワークを構築し、また、設備投資、コスト、消費電力やインフラ設備のスペースを削減し、早期エリア展開に向け取り組んでいくという。

JTOWERとドコモ、資本業務提携


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/11/22_01.html