本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、5G時代における新たな付加価値の提供をめざし、XR領域での事業拡大に向けた取り組みを強化するため、世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット」を運営するHIKKY社(本社:東京都渋谷区)との資本・業務提携について、2021年10月20日(水曜)に合意し、10月29日(金曜)に、65億円を出資したことを発表している。

ドコモは、XRが新たな生活インフラ「ポストスマホ」として日常・非日常を問わず、さまざまなシーンでシームレスに利用される世界を実現すべく、メタバース空間(VR)とリアル空間(AR・MR)双方の事業を推進していく。

HIKKY社は、「最も魅力的なバーチャル世界とアクセスを提供する」をコンセプトにしている。
WEBブラウザ上で動くVRコンテンツ開発エンジン「Vket Cloud(ブイケット クラウド)」のサービス展開や、バーチャル空間上にある会場で、アバターなどのさまざまな3Dアイテムや、リアル商品(洋服、PC、飲食物など)を売り買いできる世界最大のVRマーケット「バーチャルマーケット」の主催など、多くのナショナルクライアントのバーチャル展開を手掛ける。

また、単なるバーチャル空間作りにとどまらず、新しいコミュニケーションや文化の創出を行うことで、バーチャルとリアルをつなぐXR領域の発展をめざしている。

本提携は、両社が培ってきた企業ブランド、サービス基盤、ノウハウ等の活用において協力することで、両社の事業をさらに発展させ、XR市場におけるサービスの強化を目的としている。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/11/15_00.html