本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、ユーザーに快適に5Gを利用してもらうため、日頃から通信品質向上に取り組んでいるが、2021年10月中旬までにさらなる対策を全国で順次実施することを発表している。

5Gエリアの端などの電波品質の悪い環境において、通信速度が極端に低下することでアプリケーションやブラウザがエラーとなる事象、いわゆる「パケ止まり」は、エリア拡大期の5Gにおける課題のひとつとなっている。
現在の5Gはエリアが連続していないためにエリアの端になる場所が多く、このような5Gの電波品質が悪い環境において、電波品質の良い4Gではなく5G単独の通信を継続する場合がある。

ドコモはこの課題に対し、エリアの端を減らしていくための「5Gエリアの積極的な拡大」と、電波品質の悪い環境下でも通信を保つための「ネットワーク装置のチューニング」の両面で対策を進めている。

「5Gエリアの積極的な拡大」については、2021年度末までに5G基地局2万局、人口カバー率55%の達成をめざしており、この目標を着実に達成していくことで5Gエリアを面的に広げ、エリアの端を減らしていく。

「ネットワーク装置のチューニング」については、10月中旬までに装置の設定変更を2種類実施する。
ひとつは、5Gの電波品質の悪い環境において、5Gと4Gを最適に組み合わせるチューニングで、さらに5G基地局配下の端末あたりに割り当てる周波数帯域を最適化するチューニングも行う。

これらのチューニングの実施により、既に対策が完了している地域では、5Gへの接続成功率が約10%改善し、5Gと4Gを組み合わせる環境での5Gに流れるデータ量が約30%改善したことを確認している。

なお、通信品質向上の取り組みには終わりが無く、これらの対策に限らず各種取り組みを継続して実施することで、今後もユーザーへの一層のサービス向上に努めていくという。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/10/04_00.html