本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、生活インフラサービスのワンストップ提供によるユーザーの利便性向上および、再生可能エネルギーの積極的な活用を通じて社会全体のカーボンニュートラルに貢献するため、2022年3月(予定)より「ドコモでんき」を提供し、電力事業へ参入することを発表している。

サービス開始時点では、太陽光・風力・地熱などの再生可能エネルギーを積極的に活用した地球にやさしいプラン「ドコモでんき Green」と、dポイントとの連携などによりおトクに利用できるプラン「ドコモでんき Basic」の2つのプランを提供予定。

ドコモでんき

ドコモはこれまで、「通信」や「決済」などのインフラサービスをユーザーへ提供してきた。
今回、ドコモショップおよび専用WEBサイトなどで、新たに「ドコモでんき」の提供を開始することで、より幅広い生活インフラサービスをワンストップで提供し、ユーザーの更なる利便性向上を実現する。

なお、本事業は、NTTアノードエナジーが小売電気事業者として電力の供給を担い、ドコモが取次事業者として、ユーザーへサービスを提供する。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/09/28_03.html