本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、2021年10月25日(月曜)から「ドコモ口座」の決済、入出金の機能などを「d払い」アプリに統合することを発表している。
「d払い」アプリへの機能統合に伴い、「ドコモ口座」の名称を「d払い残高」に変更する。

現在、「ドコモ口座」では、「ドコモ口座」アプリ、「ドコモ口座」サービスサイト、「d払い」アプリにて決済、入出金および送金機能を提供している。
今回、これらの機能をより分かりやすく便利に使えることを目的に、「ドコモ口座」アプリと「ドコモ口座」サービスサイトでの機能提供を終了し、「ドコモ口座」の機能を「d払い」アプリに統合する。

今回の統合により、ユーザーは「d払い」アプリのみで決済や入出金、送金が可能となる。
「d払い」アプリ上でこれらの機能を利用できるため、これまでよりも分かりやすく使える。
また、強固なセキュリティ(第三者による不正ログイン、不正利用の防止のため、「パスワードレス認証」「eKYC」などのセキュリティ対策を実施)を通じて、安全にサービスを使える。

現在iモードを使っているユーザーなど、「ドコモ口座」サービスサイトにて「ドコモ口座」機能を使っているユーザーで「d払い」アプリをインストールできない場合は、「d払い」アプリへの機能統合後は「ドコモ口座」の残高を利用できなくなる。

また、「d払い」アプリへの機能統合に伴い、「ドコモ口座」の一部機能(Visaプリペイド、電話料金合算による送金)を終了する。
「d払い」アプリを利用できないユーザー、および終了予定の機能のみを使っているユーザーに対しては、2021年10月25日(月曜)までに残高の使い切りを案内する。

なお、現在「ドコモ口座」アプリまたは「ドコモ口座」サービスサイトにて「ドコモ口座」の機能を使っているユーザーは、「d払い」アプリをダウンロードの上、ログインすることで「ドコモ口座」アプリと「ドコモ口座」サービスサイトでの機能提供終了後も、「d払い」アプリで「ドコモ口座」の機能を継続して利用できる。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/08/30_01.html