元OLでダイエットや美容に関するブログを運営しながら暮らしている著者の亀山ルカ氏。
この書では、どうやって好きなことをブログに書いて収入を得るまでに至ったのか、リアルな体験とその方法が書かれている。

6つのChapterで構成されている。

分厚い本にはなるけれど、挿し絵やキャプチャーが入っていて、色的にも読みやすい。

まず記事を書くうえで、タイトルはものすごく重要な部分なので、記事タイトルには必ずキーワードを含めようとある。
タイトルは記事の入り口で、3語以上のキーワードを含むように考える、タイトルを装飾したり、クリックしたくなる文言も含めるといいそうだ。
タイトルづけがうまくいくかどうかで、読まれるか読まれないかが8割決まると言われており、気をつけたい。

商品紹介記事を書くときのコツとして、関連する情報はできるだけ詳細に具体的に書く、読者は「費用対効果」を知りたがっているという点は参考になった。

ファン・リピーター編として、もう一度読みたくなるブログを作るには、更新頻度を1日1回にする、ブログのコンセプトにあったデザインにする、あなたのブログに訪れる理由を考えるとあった。
読者の目線になり、「何となく書く」レベルではなく、本気で書いたほうが伝わるということは、厳しいことだけれど納得である。

人と比べすぎていませんか?ということについては、ブログやアフィリエイトは、「みんな違ってあたまりまえ」、自分だけの目標をつくるとあり、周りを気にしすぎずに地道にコツコツと書くことに集中すべきとあらためて思った。

ブログ・アフィリエイトで成功するための3カ条としては、結果が出るまで何が何でも継続させる、あなたの常識はほかの人の非常識、人の気持ちを想像する練習をするとあり、立ち返るべき原点を忘れてはいけないと感じた。