本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、現在提供する営農支援プラットフォーム「畑アシスト」のオプションサービスとして、AIが最適なタイミングを判断し、トマトに自動で水やりを行う「かん水オート」の提供を開始することを発表している。
本サービスは、静岡県より提供を開始し、今後順次エリアを拡大していく。

本サービスは、ビニールハウスの内部に設置したセンサーから気温や照度などのデータをクラウド上に収集する。
収集したデータを元にAIが最適な水やりのタイミングを判断し、灌水チューブから自動で水やりを行うことで、高品質なトマトの栽培を可能とする。

高品質なトマトを栽培するためには、最適なタイミングで水やりを行うことが大変重要であり、これまでは豊富な栽培経験や熟達した栽培技術が必要だった。
本サービスでは、静岡県浜松市のアグリテックベンチャーであるHappy Quality社が持つ水やり技術をAIにより再現し自動化した。
これにより、経験や技術がなくても、高品質なトマトの栽培が可能となる。

さらに、本サービスでは、栽培したトマトをHappy Quality社が全量買取を保証することで、農家の安定的な収益維持をめざす。
これにより、農家は在庫リスクを抱えることなく、安定した営農と食材廃棄によるフードロスの軽減も可能となる。

また、本サービスでは、農業用ハウスの内部に温度や湿度センサーなどのIoT機器を設置し、省電力で長距離通信が可能なLPWA(Low Power Wide Area)通信「ZETA」を介し、センサーから得た情報をクラウド上のAIに送信する。
送信される情報はNTT研究所で開発したIDベース暗号を利用した認証方式「IoT機器向け軽量認証認可方式」で暗号化しており、第三者による情報の盗用や制御機器の不正操作を防ぎ、安心して利用できる。

なお、本サービスは、先進的な農法や農業ICTの導入に積極的に取り組まれている、静岡県袋井市のサンファーム中山が導入して、高品質なトマトの栽培を既に開始している。
今後は、Happy Quality社による生産物の全量買取も予定されている。

■サービス概要図
「かん水オート」サービス概要図%0A

■提供価格(税込み)
・「畑アシスト」PF利用料:5,500円/月
・AI灌水オプション「かん水オート」:11,000円/月
・「かん水オート」用環境センサー、通信用機器等:3,850,000円~(ハウス1棟の広さを想定)

※ かん水オートの利用には畑アシストの契約が必要となる。
※ 料金は一例で、広さ等の条件によって料金は異なる。
※ 上記に加え、トマトの培地や灌水チューブ等の農業用資材が別途必要となる。
※ 農業生産者の環境により別途工事費用が発生する場合がある。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/08/10_00.html