本日付けNTTドコモ公式サイトのドコモからのお知らせによると、ドコモは、2001年から提供している第三世代移動通信サービス「FOMA」について、ネットワーク設備の老朽化等に対応するため、設備の集約を進めており、その影響により、2001年から2006年にかけて発売した「FOMAプラスエリア非対応」の機種が、2022年1月から一部のエリアで通話・通信の利用ができなくなることをお知らせしている。

2GHz帯及び800MHz帯の双方が利用できるFOMAのエリアの一部を順次800MHz帯のみ(FOMAプラスエリア)に変更し、2GHz帯を4Gおよび5Gで有効活用する予定。
FOMAプラスエリアに変更するエリアや時期については、随時サービスエリアマップに反映する予定。

該当機種を利用の場合には、お得な料金プランや、特定機種の購入で機種代金を割引するキャンペーンを用意しているので、4Gまたは5G機種への機種変更の検討を促している。

■FOMAプラスエリア(800MHz)非対応機種
N2001、P2101V、P2401、N2002、D2101V、SH2101V、T2101V、F2051、N2051、P2102V、N2701、P2002、F2102V、N2102V、F2402、P2402、F900i、N900i、P900i、SH900i、F900iT、P900iV、D900i、N900iS、F900iC、らくらくホン(F880iES)、N900iL、SH901iC、F901iC、N900iG、N901iC、D901i、P901i、F700i、SH700i、N700i、P700i、P901iTV、SIMPURE L(L600i)、SIMPURE N(N600i)、BlackBerry 8707h Handheld、SIMPURE L1(L601i)


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/pages/210628_00.html