鵠沼海岸 春の海



藤沢市鵠沼海岸、サーフィンを楽しむ人が多く、左手には江ノ島が見える。
打ち寄せては消える波はいくら見ていても飽きないくらい。
波の音もまたいい。
おだやかな春の海は、優しい日差しを受けてどこかキラキラ輝いているようだ。

湘南海岸公園が鵠沼海岸、片瀬海岸に沿って約2kmに渡って続いている。
海水浴シーズンは鵠沼海水浴場、ビーチバレーの大会会場としてにぎわう。

そのほかスケートパークもあり、スケボーを楽しんでいる人たちも見受けられた。
また、海岸沿いを犬の散歩をしたり、ジョギングしている人も多い。

小田急江ノ島線鵠沼海岸駅からは徒歩10分位で海岸に出られる。
このあたりは松林が多い。
そして、サーフィン発祥の地だけあってサーフショップも多い。

ドコモ、携帯電話の契約数が6,000万を超える!

3月14日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、NTTドコモの携帯電話契約数が2012年3月11日(日曜)時点で6,000万契約を突破したと発表している。
契約数はXiとFOMAとmovaの合計契約数となる。

1979年12月の日本電信電話公社(現NTT)時代に自動車電話で携帯電話の事業を始め、契約数は1997年2月に1,000万契約突破、2000年4月に3,000万契約突破、2005年11月に5,000万契約を突破した。

今月末でmovaのサービスも終了するが、歴史を感じる。
私が初めて携帯電話の契約をしたのもドコモで1998年12月の事だ。

最近のドコモはLTEのXiエリア拡大、大変厳しい顧客獲得競争のなか2台目需要にも力を入れている。

今後も、スマートフォンを中心とした端末ラインナップの充実やベストなサービスの提供など、顧客満足度のさらなる向上を推進していくという。


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/2012/03/14_01.html

世田谷区立羽根木公園の梅

世田谷区立羽根木公園の梅

小田急線梅ヶ丘駅北口下車徒歩5分、世田谷区立羽根木公園。
園内にはおよそ650本もの梅がある。
入り口から斜面を登っていく形で、散策路がきちんと整備されていた。

きれいに咲いた紅梅や白梅をカメラに収めようと多くの人が訪れ、梅の季節を楽しんでいた。

こちらはそのほかにはテニスコートや軟式野球場、茶室なども併設している。

タリーズコーヒー小田急マルシェ新百合ヶ丘店



画像はカフェラテショートサイズとレモングラス&ホワイトチョコスコーン。

タリーズコーヒー小田急マルシェ新百合ヶ丘店は、小田急線新百合ヶ丘駅改札降りてすぐのエスカレーターを上がって左の小田急マルシェ内2階にある。
窓側のカウンター席からは改札方面が見える。
通路側にカウンター席、そして中央にテーブル席がある。
喫煙席は奥にしっかり仕切られている。
全体的に店舗自体が狭いので席間はないが、うまく多くの人が座れるようにした配置だ。

店員も親切だし、駅近という利便性、新百合ヶ丘に来たら気軽に寄れる店である。

営業時間は全日7:00~22:00となっている。

銀座ソニービル「Xperia acro HD タッチ&トライイベント」

イベント会場は銀座ソニービル8階コミュニケーションゾーン OPUSである。
入場時にパンフレットやXperia Lifestyle Bookがプレゼントされた。

展示は同じXperia acro HDのdocomo SO-03Dとau IS12S。
それにアクセサリー類やソニーグループ製品とその連携など。
サンリオのキティちゃんの背面カバーやファッションの東京コレクションや神戸コレクションのコラボモデルの背面カバーなどが目立っていた。

大きなブラビアの液晶テレビの前で、説明員によるXperiaからの端末操作による外出先から録画予約ができるアプリ「CHAN-TORU」や音声入力で番組録画を予約するアプリ「Koe-Kara」の実演紹介もしてくれた。

さて、3月15日発売予定のdocomo Xperia acro HD SO-03Dの端末のほうだが、カラーはサクラピンク、ブラック、アクア、セラミックの4色展開である。
デザインは表面はスクエアで裏面はラウンドとなっており、とくにホワイトのセラミックがスタイリッシュな感じを受けた。
そのせいかこの端末149gなのになぜか重さを感じさせない。
側面にMicroSDカードとSIMカードスロットを備えているのは出し入れがしやすくてありがたい。
ただし、中のバッテリーは取り外し不可のようだ(交換は有料)。

機能としては従来のワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信に加えXperia初の防水機能にも対応した。
メインディスプレイ4.3インチにカメラはCMOS1210万画素、CPU1.5GHzデュアルコアとパワーアップした印象。
OSもAndroid2.3から4.0にアップデートする予定とか。
最近の端末に搭載されてきたおくだけ充電に対応してないのは残念な点。
個人的には試操作してみて動作もきびきびしていて好感触だった。
カラーはセラミックが気に入った。
記事検索
AD





ランキング
スマートフォン・携帯電話ランキング
運営者情報
ハンドルネーム:ラテ(@mobamemo
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県
携帯:ドコモユーザー
好きな食べもの:コロッケ

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。
所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)、iPhone 11 64GB(ホワイト)、iPhone 12 128GB(ホワイト)、arrows Be4 Plus F-41B(ブラック)、AQUOS wish2 SH-51C(ブルー)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)、dtab Compact d-42A(ゴールド)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)、Apple iPad mini 第5世代 64GB MUQX2J/A(シルバー)
月別アーカイブ
メッセージ