ローソン ぼうしパン

ローソン ぼうしパン

ローソンで、ぼうしのような見た目が珍しかったので「ぼうしパン」を買ってみた。
税込125円。
山崎製パンが製造している。

カステラ生地とふんわりしたパン生地がよく合い、中にはホイップクリームが絶妙な量でサンドされている。
どこか懐かしさのあるような味だった。
甘さも少しある。

カロリーは391kcal。

ぼうしパンは、調べてみたら高知県のご当地パンのようで、他の地域に住んでいてもこうしてコンビニで気軽に買えるのは良い。
そして、おやつにちょうどいい。

ドコモ、dアカウントメニューへログインする際の2段階認証を1月14日に提供開始

本日付けNTTドコモ公式サイトのドコモからのお知らせによると、dアカウントを利用のすべてのユーザーを対象に、dアカウントメニューへログインする際に2段階認証を行うことをお知らせしている。
一部のユーザーから順次、2段階認証を適用していくという。
提供開始日は、2021年1月14日(木曜)午前9時以降。

dアカウントメニューは、ユーザーが持つdアカウントのIDやパスワードの変更、2段階認証の設定などdアカウントに関する各種設定を行うメニュー。

2段階認証は、ID/パスワード入力の他に、アプリでのログイン可否の選択や、セキュリティコードの入力を追加することで、本人以外が不正に情報にアクセスすることを防止する仕組み。

セキュリティコードが届かないユーザーは、dアカウントメニューへのログインができなくなるため、連絡先メールアドレスの追加・変更が必要となる。
連絡先メールアドレスの変更を希望するユーザーは、ドコモショップでの手続きが必要になる。

現在、Webおよびdアカウント設定アプリにて連絡先メールアドレスを追加・変更することができないので、dアカウントの「アプリによる連絡先メールアドレスの追加・変更機能の一時削除について」のページを参考に連絡先メールアドレスの追加・変更の手続きを案内している。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/201223_00_m.html

シャープ、SIMフリー版「AQUOS」向けに「モバイル補償パック」サービスを12月22日より提供

本日付けのシャープ公式サイトのニュースリリースによると、シャープは、SIMフリーのスマートフォン「AQUOS」ユーザーを対象に、「モバイル補償パック」サービスの提供を2020年12月22日(火曜)より開始することを発表している。

「モバイル補償パック」は、故障や水没、盗難、紛失など、スマートフォンの思わぬトラブルを補償するサービス。
万が一のトラブル発生時は、同じ機種のスマートフォン(新品同様に修理した端末)と交換し、最短で即日発送する。
なお、在庫状況により別の機種になる場合もある。

また、故障の場合は、要望に応じて預かり修理することも可能。
本サービスの利用は、月々の利用料に加え、交換または修理時に、機種毎に設定された負担金の支払いが必要。
ただし、サービス加入期間中に自然故障した場合は、メーカー保証期間(1年間)を超えても、負担金なしで修理することが可能。

本サービスは、スマートフォンの購入日から1か月以内の期間に、加入できる。
その際にレシートや領収書など、購入日がわかる資料の提示が必要で、中古品は対象外となる。

シャープのECサイト「COCORO STORE」にて、加入手続きのほか、交換や修理の申し込みも行える。
また、交換や修理は電話でも申し込みできる。

SIMフリーAQUOSのモバイル補償パック
※ 負担金は交換または修理時(自然故障を除く)に負担する料金で、年2回まで利用でき、3回目以降は実費を支払う。


参照URL https://corporate.jp.sharp/news/201222-a.html

総務省が携帯電話ポータルサイト(暫定版)を開設、サービスを選択する際に参考となる情報を公表

本日付けの総務省公式サイトの報道資料によると、総務省は12月21日、国民が自身のニーズに合った携帯電話サービスを容易に選択できるよう、関係する情報をまとめた「携帯電話ポータルサイト」(暫定版)を公表した。

総務省、携帯電話ポータルサイト(暫定版)

令和2年10月27日に公表した「モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクション・プラン」を踏まえものになっており、「消費者の一層の理解促進」を行うことを第1の柱としている。

ポータルサイトでは、今の料金で合っているのか、MNP、SIMロック解除、端末を買う際のアドバイス、中古端末、格安スマホや格安SIMなどについて解説されている。


参照URL https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02kiban08_04000359.html

ドコモ、3G契約から4G・5G契約へ移行するユーザー向けに「はじめてスマホプラン」を2021年4月1日から提供開始

12月18日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、3G契約から4G・5G契約へ移行されるユーザーを対象に、月額1,650円(割引適用前)で4G・5G契約できる新たな料金プラン、「はじめてスマホプラン」を、2021年4月1日(木曜)から提供開始することを発表している。

はじめてスマホプラン

本プランは、3G契約をしているユーザーの契約変更、または他社3G契約からの乗り換えの際に申込め、「dカードお支払割」および「はじめてスマホ割」の適用で1年目月額980円、2年目以降もずっと月額1,480円でおトクに利用できる。

月間のデータ量は1GBまで利用可能(指定容量を超えた場合は、128kbpsのデータ通信速度)。
1GBを超えて利用する場合、1GBあたり1,000円で利用可能データ量を追加できる。

音声通話は5分間までの国内通話が何度でも無料(5分を経過した場合は、30秒ごとに20円の通話料)で利用できる。
また、通話を多くするユーザーには、月額1,000円で国内通話がかけ放題になる、かけ放題オプションが用意される。
※ 「SMS」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)の特番、番号案内、衛星電話などへの発信は対象外。

なお、本プランの提供開始にともない、「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホ」「ギガライト」で提供している「はじめてスマホ割」、「ずっとはじめてスマホ割」、「おしゃべり割」は、2021年3月31日(水曜)をもって新規受付を終了する。

また、2020年12月19日(土曜)から本プラン提供開始前日の2021年3月31日(水曜)までの期間、ケータイ(フィーチャーフォン)からスマートフォンへ移行したユーザーを対象に、本プラン相当のおトクな料金でスマートフォンを利用できるよう、「はじめてスマホ割」「おしゃべり割」の割引適用期間延長などを行う「先行キャンペーン」を実施する。

※ 表示価格は税抜。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/12/18_01.html
記事検索
スポンサーリンク





ランキング
スマートフォン・携帯電話ランキング
運営者情報
ハンドルネーム:ラテ
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県
携帯:ドコモユーザー

follow on twitter follow on feedly
所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)
月別アーカイブ
Copyright © 2011-2020 Mobamemo All Rights Reserved.