イーデザイン損保とドコモ、ダイレクト型自動車保険「ドコモの自動車保険」の提供を開始

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、イーデザイン損害保険とNTTドコモは、ダイレクト型自動車保険「ドコモの自動車保険」の提供を2024年1月30日(火曜)から開始することを発表している。
ドコモでのダイレクト型自動車保険の提供は今回がはじめてとなる。

本保険は、引受保険会社をイーデザイン損保とするダイレクト型自動車保険(保険会社とWebサイトなどを通して直接やりとりを行う自動車保険)をドコモとドコモ・インシュアランスが保険代理店(共同募集)として提供する自動車保険。

本保険は、保険料に対して業界最高水準の最大3.0%のdポイントがたまる。
また、支払い方法が「d払い」の場合には、dポイントで保険料を支払うことも可能。
ドコモの回線を持っていなくても、インターネットや「d払い」アプリからいつでも簡単に申し込みできる。

本保険では、有人チャットやコールセンターで相談できる。
加えて、申し込み画面で年齢・車種などからおすすめの補償内容を表示する機能もあるので、ダイレクト型自動車保険の申し込みがはじめてでも安心して加入できる。

また、見積りに際しては、6つの簡単な質問に答えるだけで最短1分で概算の保険料を算出できる「かんたん保険料シミュレーション」もある。

「ドコモの自動車保険」の正式名称は一般自動車保険で、契約者の条件はdアカウントユーザーかつdポイントクラブ会員であること。

■サービスの特長
「ドコモの自動車保険」サービスの特長

■支払い方法
・d払い(一括払、12回払)
・クレジットカード(一括払、12回払)

■「ドコモの自動車保険 発売記念キャンペーン」
キャンペーン期間:2024年1月30日(火曜)午前10時00分~2024年3月31日(日曜)午後11時59分
キャンペーン内容:期間中、「ドコモの自動車保険」に新規で申し込みして、保険料支払いで「d払い」を選択した人の中から、抽選で500名にマクドナルドでつかえる「d払いクーポン最大1,000円分」をプレゼントする。

ドコモ、 令和6年能登半島地震に伴う被災地への各種支援措置の実施期間を延長

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、NTTドコモは、令和6年能登半島地震に伴う被災地への各種支援措置の実施期間を延長することを発表している。

実施期間を延長する支援措置は、以下の通り。
(1)令和6年能登半島地震による災害に伴う支援措置
  (変更前)2024年1月1日(月曜)~2024年2月1日(木曜)
  (変更後)2024年1月1日(月曜)~2024年2月29日(木曜)

(2)災害時データ無制限モード
  (変更前)2024年1月1日(月曜)~2024年1月31日(水曜)
  (変更後)2024年1月1日(月曜)~2024年2月29日(木曜)


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/detail/20240129_02_m.html

シャープとモトローラ・モビリティ、無線通信技術の特許クロスライセンス契約を締結

本日付けのシャープ公式サイトのニュースリリースによると、シャープは、Motorola Mobility LLC(モトローラ・モビリティ)との友好的な協議の結果、両社間の無線通信技術の特許クロスライセンス契約の締結に至ったことを発表している。

シャープは、これまで日米欧中韓の多数の通信機器および自動車業界のリーディングカンパニーに無線通信技術の規格必須特許のライセンス供与を行っている。
引き続き「公正、合理的かつ非差別(Fair, Reasonable And Non-Discriminatory)」な条件で規格必須特許のライセンス供与を行っていくという。

また、業界の先駆けとなる新しいモバイル機器を提供し続けるとともに、20年以上にわたり、W-CDMAやLTE、LTE-Advanced、5Gなどの無線通信技術やネットワークに関する研究開発、および特許出願を積極的に進めてきた。
その結果、W-CDMA、LTE、LTE-Advanced、および5G規格に関する6,000件以上の必須特許を保有するに至っている。

今後も5Gなど無線通信技術やネットワークに関する基幹技術の研究開発を通じて、事業ビジョン「8K+5GとAIoTで世界を変える」の実現に取り組んでいくという。


参照URL https://corporate.jp.sharp/news/240126-a.html

「arrows Be4 Plus F-41B」Android 12→13へバージョンアップ

1月25日付けNTTドコモ公式サイトのドコモからのお知らせにて、「arrows Be4 Plus F-41B」のAndroid 13へのバージョンアップ更新開始の発表があり、バージョンアップを行った。

端末本体より「設定」→「システム」→「詳細設定」→「システムアップデート」を選択し、画面の案内に従って操作を行うことで、アップデートできる。

■Android 13の特長
スマートフォンなどのデバイスを自分好みにパーソナライズできる。
アプリのカラーテーマの拡張やアプリごとに異なる言語設定、より改良されたプライバシー コントロール、他にもAndroidデバイスでテキストや素材などをコピーして、別のAndroidデバイスにワンクリックで貼り付けることができる。
サードパーティのカメラ アプリのHDRビデオのサポート、アップデートされたメディア出力スイッチャー、TalkBack用の点字ディスプレイなど、他にも多くの機能を搭載している。

■改善される事象
より快適に利用できるよう品質が改善される。 

バージョンアップを適用後の最新ビルド番号は「V68R043A」となった。
Androidバージョンは「13」になったことを確認した。

F-41B、Android 13バージョンアップ


参照URL https://www.docomo.ne.jp/support/product_update/f41b/20240125.html

KDDI、LTEのモバイルコアネットワークにおけるAIを活用した障害検知システムの運用を開始

本日付けのKDDI公式サイトのニュースリリースによると、KDDIは、LTEのモバイルコアネットワークにおいて、AIを活用した障害検知システムの運用を2024年1月25日(木曜)に開始したことを発表している。

これまでの障害を検知するシステムでは、障害を判断する一定の基準値(固定しきい値)を設定して障害を検知していたが、昼間に多く使われ、夜間に減少するトラフィック量など、時間帯や平日・休日の違いで値が大きく変動するパターンでは固定しきい値を設定することが難しく、このようなパターンのデータでの障害検知が課題だった。

今回、本システム導入により、複雑な基準値を動的に設定することが可能になり(動的しきい値)、時間帯や平日・休日などの違いで値が大きく変動するパターンの障害検知を実現した。
これにより、監視可能なデータ数を約6倍に増やし、障害を検知できる可能性を大幅に高めることが可能となる。

ネットワークの監視運用業務では、ネットワーク機器から出力されるトラフィック量や接続成功数、機器のCPU利用率などの時系列のパフォーマンスデータを分析し、基準値を超えたことを検知することで障害発生の判断につなげている。

■本システムによる監視対象の拡大
AIを活用した障害検知システムによる監視対象の拡大


参照URL https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2024/01/25/7194.html
記事検索
AD





ランキング
スマートフォン・携帯電話ランキング
運営者情報
ハンドルネーム:ラテ(@mobamemo
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県
携帯:ドコモユーザー

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)、iPhone 11 64GB(ホワイト)、iPhone 12 128GB(ホワイト)、arrows Be4 Plus F-41B(ブラック)、AQUOS wish2 SH-51C(ブルー)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)、dtab Compact d-42A(ゴールド)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)、Apple iPad mini 第5世代 64GB MUQX2J/A(シルバー)
月別アーカイブ