星乃珈琲店中央林間東急スクエア店

星乃珈琲店中央林間東急スクエア店

画像は織姫ブレンド珈琲。

星乃珈琲店中央林間東急スクエア店は、東急田園都市線中央林間直結、小田急江ノ島線中央林間駅からもすぐの中央林間東急スクエア3階にある。
通路を挟んで目の前は大和市立中央林間図書館だ。

店内は全席禁煙でテーブル席やカウンター席がある。
カウンター席の前には本が並べられ読めるようになっている。
柱には大きな丸型の時計が設置されていた。

地元民の憩いの場という様相で、少し文化的な感じもするカフェだった。

営業時間は全日10:00~21:00(LO 20:30)となっている。

ドコモとNDV、社会課題に対する5Gを活用した新たなソリューションの創出を目的に「docomo 5G DX AWARDS 2021」を渋谷で開催

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、NTTドコモとNTTドコモ・ベンチャーズ(NDV)は、社会課題に対する5Gを活用した新たなソリューションの創出を目的に「docomo 5G DX AWARDS 2021」を2021年9月中旬に渋谷ストリームホールにて開催することを発表している。

なお、2021年度中のソリューション創出をめざし、2021年3月24日(水曜)からエントリーを開始する。

ドコモは、2018年2月に開始した「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」のパートナー数が3,800社を超え、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」での協創を通じ300を超える事例を創出した。
5Gの商用化にともない、2021年度末までにパートナー数を5,000社まで広げ、さらなる5Gサービスの拡大をめざしパートナーとの連携を強化していく。

昨年も実施した本アワードは、大企業だけでなく中小企業やベンチャー企業まで、幅広い企業が保有する特徴的な技術、プロダクト、サービス(アセット)の発掘を推進し、5Gでの新たなソリューション創出に向けた取り組みをさらに加速させるものになる。

本アワードでは、昨年の募集テーマから大幅に拡張し、12業界×3つの社会課題(イシュー)の全36テーマを設け、各企業が保有する特徴的なアセットを募集し、5Gサービスの活用意義を審査、表彰する。
入賞したアセットについては、協創ソリューションとして「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」を通じた早期のサービス化をめざす。

docomo 5G DX AWARDS 2021

本アワードは、1次選考と最終選考の2ステップとなっており、最終選考・ファイナリストプレゼンテーションには、選考委員として、ドコモとNDVの関係者に加え、社外有識者としてHEART CATCH 代表取締役/プロデューサー 西村真里子氏、エムテド 代表取締役/アートディレクター/デザイナー 田子學氏が参加予定。

■選考基準
1. 革新性・新規性
2. 実現性
3. 5Gとの親和性
4. 活用性
5. 市場性

■賞金
最優秀賞:賞金100万円
優秀賞 :賞金30万円
準優秀賞:賞金10万円×2件

ドコモとNDVは、本アワードの取り組みを通して、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」をさらに活性化させ、5Gとシナジーの高いアセットを活用した新たな協創ソリューション創出をめざしていくという。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/03/24_00.html

キタムラ機械とドコモ、5Gを用いて遠隔から工作機械の自動運転を実現する「Auto-Part-Producer 5G」の共同開発を開始

本日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(北陸)によると、キタムラ機械とNTTドコモ北陸支社は、5Gを用いて遠隔から工作機械の自動運転を実現する「Auto-Part-Producer 5G」の共同開発を、2021年3月23日(火曜)に開始したことをお知らせしている。

今後、共同での技術検証等を経て、2023年4月の商用化をめざす。

「Auto-Part-Producer 5G」は、5G通信に対応した次世代工作機械の制御機能。
穴あけ・削り・ねじ立て等様々な加工を一台で行えるマシニングセンタと呼ばれる工作機械に、5Gを用いて製造する部品の加工プログラムを伝送することで、遠隔から全自動での部品製造を実現する。

「Auto-Part-Producer 5G」では、データ処理をクラウド上で行いながら、そのデータを5Gでリアルタイムに工作機械に伝送する。
そのため、遠隔からの操作や、複数の工作機械の制御を一人で行えるようになり、工場内の人手不足の解消につながる。

また、工作機械自体に高性能なデータ処理機能を搭載する必要が無いため、従来よりも3割程度安価に同機能が導入可能となる見込み。

本共同開発にあたり、ドコモはキタムラ機械の高岡本社工場を5Gエリア化し、2021年3月23日(火曜)に共同開発拠点「KITAMURA Innovation Factory」(KIF)として開設した。

今後KIFにて2022年8月にかけて5Gを用いたクラウド処理とリアルタイム加工の技術検証を行い、2023年4月に「Auto-Part-Producer 5G」を搭載した次世代工作機械をキタムラ機械より提供する予定。

キタムラ機械とドコモは本共同開発を通じて、経験や知識を必要とせず、誰もが簡単に高精度・複雑な部品加工を行える、次世代の製造現場の実現をめざしていくという。

■「Auto-Part-Producer 5G」の構成イメージ
Auto-Part-Producer 5Gの構成イメージ


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/hokuriku/page/210323_00.html

ソニーとドコモ、グアム島にあるエンタテインメント車両を東京から5Gを活用して遠隔操作する実証実験に成功

3月22日付けのソニー公式サイトのニュースリリースによると、ソニーとNTTドコモは、グアム島にあるエンタテインメント車両Sociable Cart(ソーシャブルカート)「SC-1」を約2,500キロ離れた東京から、5Gを活用して遠隔操作する実証実験に成功したことを発表している。

5Gの低遅延、大容量、高速の特長を活かしリアルタイムで車両の周囲の映像を都内にあるソニーの開発拠点に伝送して操作した。
この通信にはドコモの100%子会社であるドコモパシフィック社の5Gを利用した。

Sociable Cart「SC-1」

SC-1は、ソニーが開発したエンタテインメント車両になる。
実証実験では、SC-1から車両の周辺映像を東京に送り、東京にいるドライバーが映像を見ながら運転した。
この実験はグアムの検証用屋外施設において、乗客を載せた状態で行った。

SC-1は、車両前後左右に人の視覚能力を超えるイメージセンサーを搭載している。360度全ての方向にフォーカスが合わせられた映像を車内のディスプレイに映し出すことで、車両周囲の環境を一度に把握できる。

また、搭載したイメージセンサーの超高感度な特性と内部に設置されたディスプレイの高い解像度により、昼夜を問わずライトなしに車両周囲を認識しながら運転できる。

自動運転時代の到来により遠隔運転や監視の重要性がより高まっており、国境を超えた遠隔運転により、時差を利用したグローバルなオペレーションが可能となる。


参照URL https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/202103/21-0322/

ドコモ、公式アカウントから送信されたメールであることを明示する新機能「ドコモメール公式アカウント」を2021年5月中旬以降(予定)に提供

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、「ドコモメール」のフィッシング詐欺メール対策を目的に、ドコモおよび申込み企業・団体の公式アカウントから送信されたメールであることを明示する新機能「ドコモメール公式アカウント」を、2021年5月中旬以降(予定)に提供することを発表している。

送信ドメイン認証 SPF(Sender Policy Framework)とよばれる技術を用いて、特定のドメインからのメール送信であると宣言されているサーバから送信されたものか判定する。

フィッシング詐欺メールは、実在する企業やサービスを装って、口座情報やアカウント情報などの個人情報を盗み出そうとするメールのことで、大きな社会問題となっている。

公式アカウントから送られたメールに対して、「ドコモメール」アプリまたは「ドコモメール」(ブラウザ版)上で公式アカウントのマークが表示されるので、より安全・安心な環境でメールを確認できるようになる。

■公式アカウントマーク
ドコモメール公式アカウントマーク

公式アカウントを装って送信されたメールを受信した場合は、マークが表示されないため、送信元の判別が容易になる。

本機能を提供開始当初から導入することが決定している企業は以下となり、順次拡大予定。

<導入が決定している企業>
SMBCグループ、佐川急便、日本郵政グループ、三菱UFJ銀行、LINE、楽天【2021年3月22日時点、50音順】

なお、利用料金は、導入企業・団体および「ドコモメール」を利用のユーザーともに無料。
※ 「ドコモメール」の利用には「spモード」の契約(有料)が必要で、メール送受信などのメールサービスを利用の際の通信料はユーザーの負担となる。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/03/22_02.html
記事検索
スポンサーリンク





ランキング
スマートフォン・携帯電話ランキング
運営者情報
ハンドルネーム:ラテ(@mobamemo
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県
携帯:ドコモユーザー
所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)、dtab d-42A(ゴールド)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)
月別アーカイブ
Copyright © 2011-2021 Mobamemo All Rights Reserved.