ドコモ、オンラインで損害保険を見積もり・比較・申込できるサービス「ドコモスマート保険ナビ」を提供開始

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、NTTドコモとドコモ・インシュアランスは、オンラインにおいて、自動車保険など、計22社の損害保険を見積もり、比較、申込できるサービス「ドコモスマート保険ナビを、2022年7月1日(金曜)から提供開始することを発表している。

本サービスは、ドコモとドコモ・インシュアランスの保険代理店業統合に伴い、ドコモが提供する「ドコモ 保険ナビ」とドコモ・インシュアランスが提供する「保険の比較見積りサイト」をリニューアルし、共同で提供するサービスになる。

今後dアカウントの連携(2022年9月)を予定しており、連携後は、損害保険の一括見積もり時や、契約の申込時における必要情報の入力を一部省略することが可能となるため、より簡単・便利にサービスを利用できる。

本サービスの特長は以下の通り。

■比較見積もり機能について
本サービスは24時間365日、いつでもオンラインで自動車保険・バイク保険・火災保険・ペット保険などの比較見積もりや申込が可能なサービス。
自動車保険については、入力する情報に合わせて、3種類の比較方法を利用できる。
今後は、比較見積もり機能の対象となる保険会社をさらに追加する。

<自動車保険の比較方法>
瞬間!比較見積もり:車種・年齢・免許の色を選択するだけで保険料の概算を瞬時に表示
カシャ!比較見積もり:手元の保険証券を画像で読み取ることで見積もり条件を自動入力
一括比較見積もり:補償を好みの条件に設定して保険料金などを一括比較

■dアカウント連携について
本サービスでは、dアカウントとの連携(2022年9月)を予定しており、連携後は、「一括比較見積もり」や「カシャ!比較見積もり」のご利用時、また契約の申込時に、dアカウントに登録済みの名前や連絡先などの情報が自動で反映されるため、より簡単・便利にサービスを利用できる。

■契約者向けサービスについて
自動車保険や火災保険など契約者に、もれなく宿泊や劇場鑑賞などが安く利用できる「Club off plus」をはじめ、無料ロードサービスやホームアシスタンスサービス、アフターフォローメールなど充実の契約者特典を用意している。

「ドコモスマート保険ナビ」利用イメージ
ドコモスマート保険ナビ提供イメージ

なお対象は、自動車保険、バイク保険、火災保険、ペット保険、海外旅行保険、AIほけん、ゴルファー保険、自転車保険。

ドコモ、30周年の節目を迎えてさまざまな取り組みを実施

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、1992年7月1日に営業を開始して以来、今年7月で30周年の節目を迎え、この節目である、2022年7月から2023年6月までの1年間を「30周年期間」と位置づけ、XR技術を活用したバーチャルイベントや藤井風とタイアップしたプロジェクトなど、さまざまな取り組みを実施していくことを発表している。

NTTドコモ30周年ロゴ

取り組み概要は以下の通り。

■ドコモ30th anniversary festival
バーチャルイベントアプリ「DOOR」を活用し、ドコモが描く未来都市を表現する。
ドコモがみんなと共に歩んできた歴史を懐かしんでいただけるコンテンツや、今後実現していく世界を示すコンテンツを準備している。

■docomo future project
藤井風の未発表曲をモチーフに、オリジナルのショートフィルムを制作する。
参加メンバーは公募により選ばれた、30グループの学生で、映像制作のプロのサポートを受けながら、ひと夏をかけて自分たちの考えたストーリーを映像化していく。

■各種キャンペーン
30周年の感謝を込めて、dポイント還元などのおトクなキャンペーンを複数実施していく。

■30周年記念特設ページ
30周年を記念した各種取り組みの詳細を順次掲載していく。

今年ドコモは、NTTコミュニケーションズとNTTコムウェアをグループに迎え入れ、新しいドコモグループとしてスタートした。
ドコモはこれからも、「あなたと世界を変えていく。」というブランドスローガンのもと、新たな世界の実現に向けて挑戦していくという。


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/2022/07/01_00.html

三菱一号館美術館(丸の内)で「ガブリエル・シャネル展」

三菱一号館美術館

三菱一号館美術館は、千代田区丸の内2丁目にあり、赤煉瓦の建物は、三菱が1894年に建設した「三菱一号館」(ジョサイア・コンドル設計)を復元したもので、2010年4月6日に開館した。
私は東京メトロ千代田線二重橋前〈丸の内〉駅の1番出口から行ったので徒歩4分くらいで着いた。

「ガブリエル・シャネル展」が2022年6月18日(土曜)~9月25日(日曜)まで開催されている。

本展は、ガリエラ宮パリ市立モード美術館で開催されたGabrielle Chanel. Manifeste de mode展を日本向けに再構成する国際巡回展になる。
ガブリエル・シャネルの仕事に焦点を当てる回顧展を日本で開催するのは32年ぶりのことで、非常に貴重な機会だ。

ガブリエル・シャネル(1883~1971)と言えば、「20世紀で最も影響力の大きい女性デザイナー」といわれ、知らない人はいないくらい「CHANEL(シャネル)」は有名ブランドである。

シャネルのスーツ、リトル・ブラック・ドレスを代表に、どれも特徴的な服はシャネルのファッションに対する哲学を体現していて、さらにコスチューム・ジュエリーやシャネル N°5の香水といった展示に当時の記録映像を見ることもできた。

やはりどの作品もシルエットが美しく綺麗であった。
鮮やかな赤のイブニングドレスが特に目を引く。
テーラードのジャケットやスカートはどれも可憐な印象だった。
ジュエリーは重厚で輝きを放っていた。

シャネル N°5

帰り際にお土産として、シャネル N°5の香水サンプルをもらった。

ドコモ、たっぷりなバッテリーと軽さを両立した「Xperia 10 IV SO-52C」を7月8日に発売

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、たっぷりなバッテリーと軽さを両立した「ドコモスマートフォン Xperia 10 IV SO-52C」を、2022年7月8日(金曜)から発売することを発表している。

ドコモオンラインショップでは、2022年7月5日(火曜)10時から事前購入受付を開始する。

Xperia 10 IV SO-52C

カラーはミント、ブラック、ホワイト、ラベンダーの4色展開。

ラベンダーは、ドコモオンラインショップのみの取扱いとなり、購入機種代金の1%相当を、新型コロナウイルス感染症対応や、いのちを救うさまざまな活動を行う日本赤十字社の活動資金として寄付する(2022年8月31日までの購入分が寄付の対象)。
なお、この取り組みはソニーとドコモの協同で実施する。

「Xperia 10 IV SO-52C」は、大容量5000mAhバッテリーを搭載するスマートフォンとしては世界最軽量の161gの質量を実現。
幅67mmのスリムなハンドフィットサイズだから、いつでも気軽に持ち歩ける。

ディスプレイは6.0インチの有機EL トリルミナスディスプレイ for mobile
で、解像度はFull HD+(1080×2520ピクセル)。

カメラは広角レンズにXperia 10シリーズ初の光学式手ブレ補正を搭載。
夜間や室内などのうす暗いシーンでも、手ブレを抑え、より明るく、くっきりと撮影できる。
また、動画撮影時には電子式手ブレ補正と組み合わせたハイブリッド手ブレ補正で、クリアな動画を撮影可能。

OSはAndroid 12を搭載している。

なお、「Xperia 10 IV SO-52C」と、対象ソニー製純正ケースを対象期間内に購入・応募でdポイント3,000ポイントをプレゼントするキャンペーンも実施する。
購入期間:2022年7月8日(金曜)~2022年8月31日(水曜)
応募期間:2022年7月8日(金曜)~2022年9月7日(水曜)


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/2022/06/29_02.html

ahamo、iPhoneとApple Watchを1つの電話番号で利用できる「ワンナンバーサービス」を提供開始

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、料金プランahamoにおいて、iPhoneなどのスマートフォンとApple Watchなどのアクセサリ端末を1つの電話番号で利用できる「ワンナンバーサービス」を、2022年6月29日(水曜)から提供開始することを発表している。

「ワンナンバーサービス」は、ドコモの回線で利用するスマートフォンの電話番号を、Apple Watchなどのアクセサリ端末と共有できる、月額550円(税込)のオプションサービス。

「ワンナンバーサービス」利用にあたっては、アクセサリ端末にワンナンバーサービスに関する情報を登録するための情報作成に係る手数料「ワンナンバー登録手数料」が1回につき550円(税込)かかる。

利用シーンとして、たとえば、スマートフォンを持たずにランニングなどのスポーツを行う際や、スマートフォンを置いて外出する際も、スマートウォッチなどを持つだけで、音声通話やSMS、モバイルデータ通信を利用でき、大変便利。

今回、ahamoにおける「ワンナンバーサービス」を開始することで、ユーザーは月額3,520円(税込)で、iPhoneとApple Watchなどを1つの電話番号で利用でき、計20GBのデータ通信と5分以内の国内音声通話を楽しめる。
※ ahamo月額料金2,970円(税込)+「ワンナンバーサービス」月額料金550円(税込)=月額3,520円(税込)

■キャンペーン
ahamoにおける「ワンナンバーサービス」の提供開始に伴い、ドコモオンラインショップにてApple Watch購入の上、「ワンナンバーサービス」を契約したユーザーにdポイント(期間・用途限定)5,000ポイントを進呈するキャンペーンを実施する。

Apple Watch購入期間:2022年6月29日(水曜)10時00分~2022年7月31日(日曜)23時59分まで
「ワンナンバーサービス」利用開始期間:2022年6月29日(水曜)10時00分~2022年8月31日(水曜)23時59分まで

詳しくはキャンペーンサイトにて確認できる。

なお、本キャンペーンは、ahamo契約のユーザーに加え、ドコモのギガプランなどを契約のユーザーも対象となる。


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/2022/06/29_01.html
記事検索
スポンサーリンク





ランキング
スマートフォン・携帯電話ランキング
運営者情報
ハンドルネーム:ラテ(@mobamemo
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県
携帯:ドコモユーザー
所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)、iPhone 11 64GB(ホワイト)、arrows Be4 Plus F-41B(ブラック)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)、dtab compact d-42A(ゴールド)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)、Apple iPad mini 第5世代 64GB MUQX2J/A(シルバー)
月別アーカイブ