アプリ

iOS版「dブックマイ本棚アプリ」、iOS 9以下のサポートを3月17日で終了

dブックマイ本棚アプリ

本日付けドコモの電子書籍ストア「dブック」のお知らせによると、iOS版「dブックマイ本棚アプリ」では、iOS 9以下の端末について、2020年3月17日(火曜)を持ってサポートを終了することをお知らせしている。
iOS 9以下の場合は、サポート対象OS(iOS 10.0以上)へのアップデートにより引き続き利用可能となるので、OSアップデートを呼び掛けている。

「dブックマイ本棚アプリ」は、作品を閲覧するのに必要な専用ビューアアプリで、立ち読みや購入した作品を読む前にアプリのインストールが必要。

なお、iOS版「dブックマイ本棚アプリ」対応機種については、対応機種一覧ページにて確認できる。


参照URL https://book.dmkt-sp.jp/announce/announce/id/00232

ドコモ・ヘルスケア、育児記録アプリ「育ログ WM」のサービスを2020年1月15日で終了

本日付けのドコモ・ヘルスケア公式サイトのニュースリリースによると、ドコモ・ヘルスケアは、育児記録アプリ「育ログ WM」を、2020年1月15日(水曜)をもって終了することを発表している。

本サービスは、2014年3月より、スマートフォンアプリで育児の記録が簡単にできるサービスとして提供してきたが、事業環境の変化から、経営資源を集中すべくサービスを終了することになったという。

利用中のアプリは、サービス終了後も、「バックアップサービス(データのバックアップ及びバックアップデータの復元機能)」を除いて2021年3月頃までは利用できるが、動作保証及びサポートの対象外となる。
「バックアップサービス」は、サービス終了日以降、利用できなくなる。


参照URL https://www.d-healthcare.co.jp/newsrelease/imfo-20191007/

JTBやドコモなど4社、『スカイホップバス京都 位置情報つき旅ナカ観光アプリ』を開発し10月より提供

本日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(関西)によると、JTB、スカイホップバスマーケティングジャパン、ドコマップジャパン、およびNTTドコモ関西支社の4社は、京都における快適な周遊観光の提供を目的とする、『スカイホップバス京都 位置情報つき旅ナカ観光アプリ』を開発した。
2019年10月1日(火曜)より国内旅行商品「エースJTB」を利用する京都に宿泊する観光客向けに提供を開始する。 


京都では、訪日観光客の急増により、地元住民の生活路線でもある公共交通機関が混雑するなど「オーバーツーリズム」の問題が顕在化している。
そこで、観光客向けの専用バス路線を設けることで、交通混雑緩和と旅行者の利便性向上をめざす、乗り降り自由な周遊型定期観光バス「スカイホップバス京都」が2019年4月より運行開始している。  

「エースJTB」では、2019年10月より、京都駅から宿泊施設への手荷物無料配送サービス(預けてらくらく)や、「スカイホップバス京都」を半額で利用できるプラン(移動もらくらく)など、5つの「らくらく」による快適な旅を提案し、観光客は「スカイホップバス京都」利用時に本アプリを利用してバスの位置情報やバス停の位置、時刻表を手軽にマップ上で確認できるため、より効率的に観光地を周遊することが可能となる。

また、バス停周辺の「観光箇所/飲食店/土産物店」計50箇所以上の位置や詳細情報をマップ上で閲覧し、予約・決済をすることも可能。
これらの機能により、旅ナカで求めている情報へシームレスにアクセスでき、ストレスなく旅を楽しむことができる。 

■サービスイメージ
c9223294.jpg


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/kansai/page/190930_00.html

dポイントクラブアプリ、iOS 9.3.Xのサポートを9月下旬で終了

dポイントクラブアプリ

本日付けのdポイントクラブ公式サイトのお知らせによると、2019年9月下旬(予定)をもって、dポイントクラブアプリのiOS 9.3.Xのサポートを終了することをお知らせしている。 


2019年9月下旬(予定)以降iOS 9.3.Xは、dポイントクラブアプリをダウンロード・アップデートすることができなくなるが、iOS 10.0以上へアップデートすることで、今後もアプリを利用することができる。 

iOS 10.0以上へアップデートできないユーザーにはdポイントクラブサイトの利用を呼び掛けている。 

なお、
2019年8月9日(金曜)時点でiOSの最新OSバージョンは12.4となる。


参照URL https://dpoint.jp/ctrw/src/info/article/?id=260177

ドコモ、無料で利用できる「dヘルスケア」アプリを新たに提供

5月14日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、健康やダイエットに役立つコンテンツが月額500円(税抜)で使い放題となる「dヘルスケア」を提供しているが、今回、有料契約をしなくても、無料で利用できる「dヘルスケア」アプリを2018年5月15日(火曜)から新たに提供することを発表している。

「dヘルスケア」アプリは、日々の歩数や体重をグラフで手軽に管理することができ、専門家が監修した「8,000歩以上歩こう」等、健康に関するミッションを達成すると、dポイントが当たる特典も用意されている。

さらに、「Apple Watch」「Fitbit」などの様々なデバイスと連携して、歩数や体重をアプリに記録することができる。
「dヘルスケア」アプリは「dアカウント」を持っていれば、ドコモの回線を契約していなくても利用することが可能。

また、有料で「dヘルスケア」を契約しているユーザー向けに、医師に手軽にオンライン相談ができるサービス「first call」を、2018年5月1日(火曜)から追加している。
「first call」はMediplat(メドピアグループ)と連携して提供するサービスで、内科、小児科等全12科目の医師に対して、チャットもしくはテレビ電話によるオンライン相談を可能とするものになる。

今回の「dヘルスケア」アプリの提供に併せて、「先着10万名に、『dヘルスケア』アプリで1万歩達成すると、100Pプレゼント!キャンペーン」を実施するとともに、既に実施中の「Apple Watchと一緒に使っておトクキャンペーン」の対象アプリに、「dヘルスケア」を追加する。

なお、2018年4月11日(水曜)より、サービスブランドを従来の「dヘルスケアパック」から「dヘルスケア」に変更している。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2018/05/14_00.html
記事検索
スポンサーリンク





ランキング

運営者情報
ハンドルネーム:ラテ
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県

所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)
月別アーカイブ
Copyright © 2011-2020 Mobamemo All Rights Reserved.