ドコモ関連サービス

ドコモオープンイノベーションクラウド、東京に続き大阪・神奈川・大分に拠点開設

5月29日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、ドコモのネットワーク網と接続したクラウドコンピューティング設備を用いたサービスである「ドコモオープンイノベーションクラウド」の提供拠点を拡大し、2020年5月29日(金曜)に大阪、神奈川、大分拠点を開設することを発表している。

また、拠点拡大に合わせて、拠点間接続の提供を開始し、トレンドマイクロ社のソリューションを利用したネットワークセキュリティサービスの提供拠点も拡大する。

「ドコモオープンイノベーションクラウド」は、5G時代に求められる低遅延、高セキュリティなど、MEC(Multi-access Edge Computingの略で、移動通信網においてユーザーにより近い位置にサーバーやストレージを配備する仕組み)の特長を持つクラウドサービスで、ドコモ網内の設備にクラウド基盤を構築することで実現している。

ドコモオープンイノベーションクラウド

2020年3月に東京拠点を先行して開設したが、大阪、神奈川、大分の全国4拠点に拡大することで、複数の拠点を利用することができる。

大阪拠点は、これまで提供していた東京拠点と同様、シンプルで自由度の高いOpenStackベースのクラウド基盤であるCompute Oに対応し、神奈川、大分拠点は、可用性が高く負荷分散機能を持つ高機能なVMware製品で構築したクラウド基盤であるCompute Vに新たに対応する。
これにより、クラウド上に構築したいシステムに応じて拠点を選択することが可能になる。

■料金(税抜)
・仮想マシンインスタンス(仮想サーバー)月額料金
 大阪 4,000円/月~
 神奈川、大分 5,500円/月~

・オプションサービス月額料金
 セキュリティオプション 500円/1vCPU(仮想CPU)
 ※ 管理用サーバーのインスタンス月額費用が別途必要。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/05/29_01.html

ドコモ、健康支援サービス「i Bodymo」を8月末に終了

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、健康支援サービス「i Bodymo」を、2020年8月31日(月曜)23時59分に終了することを発表している。

i Bodymo

「i Bodymo」は、2010年5月から提供を開始し、ドコモ初の健康系サービスとしてヘルスケア事業の発展の礎を築いてきた。
「歩く」「食べる」など、日常の行動を気軽に楽しみながら続けることを応援するサービスで、歩数計測、ウォーキングやランニングの時間・距離、身長、体重、血圧、体脂肪などのバイタル データや食事の記録、毎日配信される管理栄養士の健康アドバイスが主な機能で、iモードおよびAndroid向けに月額150円(税抜)で提供している。

しかしながら、現在の事業環境に鑑み、経営資源を集中すべくサービスを終了することにしたという。

なお、新規受付は2020年6月30日(火曜)23時59分に停止する。

また、dヘルスケアへの移行キャンペーンを2020年5月29日(金曜)~2020年8月31日(月曜)まで実施する。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/05/29_00.html

ドコモと鯖やグループ、ICTを活用した新たなサバ養殖モデル確立を目的に業務提携契約締結

5月28日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモと鯖やグループ(鯖や、SABAR、フィッシュ・バイオテック)は、ICTを活用した新たなサバ養殖モデル確立を目的に、2020年5月28日(木曜)に業務提携契約を締結したことを発表している。

今回の提携を通じて、市場拡大が見込めるサバ養殖のICT化を推進し、勘や経験に頼らない新たなサバ養殖モデルの確立と、新たなサバ養殖モデルの全国展開による養殖業への新規事業者の参入促進をめざす。

なお、今回の提携に併せて、2020年5月28日(木曜)より、和歌山県串本の鯖やグループの養殖漁場にて、ドコモのICT技術を活用し、安心・安全で美味しい養殖サバの安定供給を目的とした実証実験を開始。

具体的には、サバ養殖の成長に影響する環境要因を分析するために、ICTを活用して水温や塩分濃度、溶存酸素量などを自動で収集し、作業日誌を付けるアプリなどを用いて給餌量とタイミングを、カメラなどを用いてサバの摂餌行動の観察や残餌を把握し、それらの情報を養殖管理クラウドで一元管理する。

■実証実験概要図
ICTを活用したサバ養殖の実証実験

■各社の役割
<鯖やグループ>
・サバ養殖漁場の提供
・給餌量最適化を目的とした学術機関との共同研究
・廃棄食品などを使用した魚の成長率を向上させる飼料開発

<ドコモ>
・サバ養殖を管理するクラウド環境(養殖管理クラウド)の提供
・モニタリング機器(水温、塩分濃度、溶存酸素量など)とカメラの提供
・これまで培ってきた海洋モニタリングに関するノウハウ提供
・ドコモの画像認識技術などのAI技術を活用した養殖に活用できる新技術の開発


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/05/28_00.html

ドコモ、最短1時間前までの日本全国の人口分布を把握できる「モバイル空間統計 人口マップ」を期間限定で無償提供

5月27日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモおよびドコモ・インサイトマーケティング(DIM)は、新型コロナウィルス感染症の拡大防止に向けて、最短1時間前までの日本全国の人口分布を把握できる「モバイル空間統計 人口マップ」を、2020年5月27日(水曜)から2021年3月31日(水曜)まで無償提供する。

「モバイル空間統計」は、ドコモの携帯電話ネットワークの仕組みをもとに作成される統計情報を提供するサービス。
そのサービスラインアップの一つとして、最短一時間前の人口分布が把握できる「国内人口分布統計(リアルタイム版)」を提供している。

「モバイル空間統計 人口マップ」はこの機能を活用し、日本全国の1辺500mメッシュ毎の人口分布を最短1時間前から過去24時間分、また前年同月の人口分布をホームページ上で簡単に確認することができるサービス。
ドコモユーザーに限らず、誰でもスマートフォンやパソコンなどから無償で閲覧できる。

今後は、一部エリアにおける性年代別、居住地別の人口分布の提供を6月に予定している。
これにより、新型コロナウィルス感染症の拡大防止に向け、住まいのエリアや外出先のより詳しい情報を確認することができ、外出などの行動計画を検討しやすくなる。
また、今後の地域経済回復に向けて、企業や自治体における各種施策の検討に活用してもらうことなども可能となる。

■画面イメージ
モバイル空間統計 人口マップ

①住所や地名を入力することで検索が可能。
②最短1時間前~過去24時間までを表示可能。
※ 例)13時台と表示されている場合は、13時~13時59分台の平均人口を示し、おおよそ1時間後の15時頃更新される。
③前年とリアルタイムの切り替えが可能。
※ 5月27日~5月31日までは前年6月、6月以降は前年同月の平日または土日祝日の平均を表示する。
④人口規模の凡例となる。
⑤現在地を表示。
⑥地図の拡大、縮小が可能。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/05/27_00.html

携帯3社、九州新幹線の全区間のトンネル内で5月30日から携帯電話サービスが利用可能に

本日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(九州・沖縄)によると、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、九州新幹線の「川内駅~鹿児島中央駅」間のトンネル内(18トンネル、総延長約24km)で、2020年5月30日(土曜)始発列車から携帯電話サービスの提供を開始することをお知らせしている。
ワイモバイルの携帯電話も利用できる。
これにより、九州新幹線の全区間のトンネル内で携帯電話サービスを利用できるようになる。

事業はトンネルなどの人工的な構築物により電波が遮へいされ、携帯電話などが利用できない地域において、移動通信用中継施設などを設置して携帯電話などを利用できるよう、電波の適正な利用を確保することを目的として実施されている「電波遮へい対策事業」に基づく国の補助金を活用して工事が行われている。

■九州新幹線におけるトンネル内携帯電話サービスの状況
九州新幹線におけるトンネル内携帯電話サービスの状況


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/kyushu/page/200527_00.html
記事検索
スポンサーリンク





ランキング
運営者情報
ハンドルネーム:ラテ
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県
携帯:ドコモユーザー

所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)
月別アーカイブ
RSS購読
follow us in feedly


Copyright © 2011-2020 Mobamemo All Rights Reserved.