本日付けの東芝公式サイトのニュースリリースによると、東芝は、AIでメーターの検針値を読み取ることで、ビル・施設の設備点検・検針業務を軽減し、作業ミスや人手不足解消に貢献する「メーター読取支援サービス」のiPhone版の提供を2020年7月20日(月曜)から開始することを発表している。

本サービスは、東芝の帳票類等の電子化、作業項目・計画・手順のデータ化、データ入力の簡素化・自動化、入力データのタイムリーな報告等で業務効率化を図ることができる、設備点検支援クラウドサービス「Sharepo(シェアレポ)」のオプションとなる。

東芝「メーター読取支援サービス」のiPhone版

東芝は、既に、現場作業員の点検・検針・巡回業務にタブレット端末を活用する設備点検支援クラウドサービス「Sharepo」のオプションとして、タブレット端末のカメラで電気、ガス、水道メーターを撮影するとAIが自動で数値を読み取り、数値とメーターの写真を同時に検針帳票へ記録するサービスを提供してきたが、今回新たにiPhoneにも対応するサービスの提供を開始する。

さらに、新機能として、「タイマー機能」「傾き補正機能」「メーターの自動枠検知機能」を実装した。
これにより、片手で作業しなければならない程の狭い場所や手の届かない高い場所でもメーターの数値を読み取りやすくなり、データ入力作業や入力ミス、再検針作業の削減や異常値の早期発見により、検針作業に費やす時間全体の削減や作業品質向上が可能となる。

■動作環境
デバイス:iPhone 7以降、iPad Pro(第二世代、第三世代)