3月25日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(北陸)によると、NTTドコモ北陸支社は、2020年3月21日(土曜)に「富山駅路面電車南北接続開業イベント(富山駅路面電車南北接続開業イベント等実行委員会主催)」において、次世代通信サービス「5G」を用いた4K画質映像のリアルタイム伝送を実施した。

ドコモが2020年3月25日(水曜)から提供開始した「5G」は、高速大容量・低遅延といった特徴を活かした、スポーツ中継やイベント中継における高精細映像のリアルタイム伝送への活用が期待されている。

本取組みでは、ドコモの「5G」とNTTテクノクロスの映像伝送サービス「ストリームウェイズ」を活用し、北日本放送の協力のもと、イベントの模様を4K画質で映像伝送した。

「ストリームウェイズ」は、かんたんに安定した映像伝送および映像の切り替えや分配ができるサービス。
これまで映像伝送技術およびネットワーク技術者の立ち合いが必要だった高精細の映像伝送業務の低コスト化(人員効率化)を実現するとともに、「ドコモオープンイノベーションクラウド」利用によりセキュアで低遅延な映像伝送が可能になる。

実施当日は南北を往来する路面電車や市民の様子を4Kカメラで撮影し、「ストリームウェイズ」により映像伝送するとともに、富山駅北口付近に「5G」移動基地局車を設置することで「5G」エリアを構築、富山駅自由通路内総合案内ブースで受信し4Kディスプレイで放映した。

■システム構成
ストリームウェイズシステム構成

なお、ドコモは「ストリームウェイズ」を「5G」に対応したソリューションとして、2020年3月25日(水曜)より申込受付開始し、順次提供する。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/hokuriku/page/200325_00.html