本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、奈良県と共同で、AIを活用した地域包括ケアシステムの推進に向けた連携協定を、2020年3月26日(木曜)に締結したことを発表している。

本協定は、ドコモと奈良県が密に連携・協力をし、AIなどを活用して奈良県がめざす地域包括ケアシステムの推進を目的とし、締結するものになる。

■連携・協力事項
(1)AIを活用した電話による高齢者支援システムの構築、有効活用および普及に関すること
(2)ドコモのインフラ(5Gなど)を活用した地域包括ケアシステムの課題解決に関すること
(3)その他、奈良県における地域包括ケアシステムの推進に向けて必要な事項に関すること

■AIを活用した電話による高齢者支援システムの構成イメージ
AIを活用した電話による高齢者支援システムの構成イメージ

■各者の役割
ドコモ
・本協定に基づく実証実験の統括と推進
・AI×電話システムの提供
・高齢者ケアに適したシナリオの作成

奈良県
・本協定における実証実験の実施自治体選定並びに、関係各所(医療機関、介護施設等)との調整に関する協力


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/03/26_01.html