本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、「読む」「聞く」「話す」「書く」の英語4技能をオンラインで身につけるための学校向け英語4技能学習サービス「English 4skills」に、生徒が入力した和文英訳をAIで即時に採点・添削するAI採点機能を2020年3月25日(水曜)より提供することを発表している。

英語でのコミュニケーションには「話す」「書く」力の向上が必要だが、英作文の採点・添削をするための先生の稼働確保が難しいなど、生徒の英作文の学習量を増やすことが課題だった。

本機能は、ニューラル機械翻訳技術を応用しており、生徒の作成した和文英訳の表現を活かしながら、英語の表現として正しいかAIが自動採点するため、模範解答と異なる解答をした場合でも採点・添削が可能。
生徒はどこでも繰り返し和文英訳の学習に取り組むことができ、先生はこれまで採点・添削にかけていた時間を、より良い表現など指導の時間に充てることができる。

■AI採点の画面イメージ
English 4skills、AI採点の画面イメージ

2019年12月から2020年2月まで同志社香里中学校・高等学校で本機能をトライアル導入したところ、「自分が間違えたところをどう変えたらいいか模範解答以外でも教えてくれた」「ライティングの学習を楽しく続けられそう」「英語の外部試験や定期テストのライティングに効果が出そう」などの声を受けた。

なお、「AI採点」の料金は、English 4skillsの月額利用料に含まれる。
※ English 4skillsの利用料金は、利用ID数により異なる。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/03/25_00.html