本日付けのNTTぷらら公式サイトの企業情報によると、DRONE SPORTS、NTTドコモ、NTTぷららは、2020年3月31日(火曜)に、新たなスポーツ視聴体験を提供するドローンレース「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP」を共同で開催することを発表している。

SUPER DRONE CHAMPIONSHIP

DRONE SPORTS、ドコモ、NTTぷららは、本大会の開催を通じて、競技者の裾野拡大やファンの増大を図り、関連する企業と共に産業の活性化に貢献していきたいとの考えだ。

本大会は、トップクラスの選手が集い、スピードとテクニックを競う日本最大級の屋内ドローンレースとなる。
最先端デジタルアートを用いてリアル(現実)とバーチャル(仮想)の二つの異なる世界を融合した「無限」の世界観を演出し、老若男女幅広い層が楽しめる、新たなスポーツ視聴体験を生み出す。

また、国内のドローンレースでは珍しい大型レース用ドローンを用いた屋内レースとすることで、ドローンレースの持つスピードやスリルを放送・配信映像において最大限楽しめる。

なお、本大会は、会場となる幕張メッセでは新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客で実施し、「AbemaTV」で生放送、「AbemaTV」「GAORA Sports」「ひかりTV」「dTVチャンネル」でアーカイブ放送・配信する。
選手や運営スタッフの安全についても、事前の検温やマスク着用、アルコール消毒液の設置、換気の実施など、徹底した対策を講じていくという。


参照URL https://www.nttplala.com/corporate_info/2019/3/20200323.html