本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、TリーグとNTTドコモは、スポーツ観戦における新たな体験価値の創造と、スポーツ業界のエコシステム構築などを通じたファン拡大を目的に、2020年4月1日(水曜)を契約開始日とする「トップパートナー契約」を締結した。
併せて、NTTぷららは、ノジマTリーグ2019-2020シーズンに引き続き、Tリーグと映像配信に係る契約を締結した。

契約期間は、どちらも2020-2021シーズンから、2023-2024シーズンまでの4シーズンとなる。

Tリーグは2018年に発足した卓球の国内リーグで、男女計8チームに世界トップクラスの選手が所属している。

ドコモとNTTぷららは、卓球「Tリーグ」の開幕当初から、映像配信サービス「dTVチャンネル」および「ひかりTV」で、公式戦全試合の映像や、AI技術を活用したダイジェスト映像などを配信し、「Tリーグ」の魅力を伝えてきた。

Tリーグとドコモ、トップパートナー契約

今後はTリーグとの「トップパートナー契約」および映像配信の契約に基づき、「Tリーグ」の各種プロモーション活動への協賛に加え、第5世代移動通信方式(5G)、マルチアングル、360度カメラ、XR、AIハイライト、自動スタッツ生成などの先端技術を活用した公式映像の高度化と観戦体験の最大化、Tリーグの会員IDとドコモの「dアカウント」との連携によるデジタルマーケティングの推進、公式デジタルサービスの企画・開発などに、Tリーグと共同で取り組む。

これらにより、卓球の魅力を新たな視点から、より多くの人々に発信していくという。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/03/18_03.html