本日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(関西)によると、JTB、スカイホップバスマーケティングジャパン、ドコマップジャパン、およびNTTドコモ関西支社の4社は、京都における快適な周遊観光の提供を目的とする、『スカイホップバス京都 位置情報つき旅ナカ観光アプリ』を開発した。
2019年10月1日(火曜)より国内旅行商品「エースJTB」を利用する京都に宿泊する観光客向けに提供を開始する。 


京都では、訪日観光客の急増により、地元住民の生活路線でもある公共交通機関が混雑するなど「オーバーツーリズム」の問題が顕在化している。
そこで、観光客向けの専用バス路線を設けることで、交通混雑緩和と旅行者の利便性向上をめざす、乗り降り自由な周遊型定期観光バス「スカイホップバス京都」が2019年4月より運行開始している。  

「エースJTB」では、2019年10月より、京都駅から宿泊施設への手荷物無料配送サービス(預けてらくらく)や、「スカイホップバス京都」を半額で利用できるプラン(移動もらくらく)など、5つの「らくらく」による快適な旅を提案し、観光客は「スカイホップバス京都」利用時に本アプリを利用してバスの位置情報やバス停の位置、時刻表を手軽にマップ上で確認できるため、より効率的に観光地を周遊することが可能となる。

また、バス停周辺の「観光箇所/飲食店/土産物店」計50箇所以上の位置や詳細情報をマップ上で閲覧し、予約・決済をすることも可能。
これらの機能により、旅ナカで求めている情報へシームレスにアクセスでき、ストレスなく旅を楽しむことができる。 

■サービスイメージ
c9223294.jpg


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/kansai/page/190930_00.html