4月6日付けのドコモヘルスケア公式サイトのニュースリリースによると、ドコモ・ヘルスケアは、2013年より提供している食・睡眠・運動のリズムで体調を整えるスマートフォン向けアプリ「からだの時計 WM」の人気コンテンツを単独アプリ化し、簡単にできるストレッチやエクササイズ映像を提供する「2分でかんたんストレッチ」および、管理栄養士にスマートフォンで食事写真や文章で相談できる「栄養士がサポート」として、2017年4月6日(木)より提供開始している。

両サービスは、ドコモ・ヘルスケアが提供しているアプリ「からだの時計 WM(月額300円・税別)」もしくはNTTドコモが提供している定額制健康コンテンツサービス「dヘルスケアパック(月額500円・税別)」を利用のユーザーが、追加料金無しで利用可能。
対象機種はスマートフォン(Android4.4以上)で、一部対応していない機種がある。
iOSは非対応となる。

■「2分でかんたんストレッチ」の機能
・専門家が監修した合計200種類超のストレッチやヨガの説明動画、説明記事
・体の部位別のコンテンツ検索機能
・利用者の「お悩み」にあったストレッチなどのエクササイズを、日替わりで紹介



■「栄養士がサポート」の機能
・「栄養士がサポート」の管理栄養士に月4回までアプリから直接相談ができる
・管理栄養士への相談はテキストのみでも、食事の写真を撮影して相談することも可能
・一人ひとりに合わせたオーダーメイドのアドバイスがもらえる
・管理栄養士からの相談結果を待っている間に、スタッフの相談例を参照できる




参照URL http://www.d-healthcare.co.jp/newsrelease/20170406/